*くらもちふさこさん

2012年5月31日 (木)

asエリス #6

Cocohana表紙&巻頭カラー。待ってたんです!これを♪
壁紙欲しいよ〜。

藤吉君が可愛いですクボッ(笑)
そして仁多君の涙(リンちゃんの想像)にドキッ!なんか切ない気持ちになってしまったのでした。

相変わらずチャレンジングな本作、リアルとバーチャルの交錯具合がイイ感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

はる風の誘惑

「お…王子服ですのね?」
「普通に制服です」

(くらもちふさこ『花に染む』番外編より)

やばい!
フェリシモとコーラスのコラボ雑誌『コーラス×iedit』で、楼良が着ていたプリプリワンピース…
可愛いheart01買ってしまいそうだ(思うつぼsweat01

▼コーラスの公式ページ
http://chorus.shueisha.co.jp/iedit/

▼フェリシモの公式ページ
http://www.felissimo.co.jp/company/cfm/001.cfm?HL=247&ID=1407-215&P=linkd

入手はお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

Otome continue

Otome continue Vol.2創刊号の特集「私とときメモGS」に続き『Otome continue Vol.2』では、くらもち先生と『ときめきメモリアル Girl's Side』シリーズや『ラブプラス』のプロデューサー・内田明理氏のロング対談が載ってます。

そして知る真実。なんと!あの『ときメモGS』に『kiss+πr2』がインスパイヤされていたとは…(@_@)
それに1ミリも気付かずプレイしてた自分。ファン失格ですか?もっともご当人ですらお気付きでなかった様子(笑)

更に「雑ちゃんがいなかったら葉月珪は絶対いない」とまで言われちゃ、くらもち先生もさぞ嬉しかったことでありましょう。漫画家冥利に尽きるってもんですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

新次元 マンガ表現の現在

Mito

マンガは映画や文学、美術といった異分野の表現を貪欲に取り入れながら、子供向けの娯楽にとどまらない文化として成長を遂げてきました。
そしてそのテーマや表現は、読者層の拡大、細分化にあわせて無限の広がりを見せています。
本展では、2000年以降に話題になった9作品に焦点をあて、マンガの作者や編集者の皆さんの意見を取り入れながら、マンガ表現の現在を紹介します。
それぞれの作品世界や見どころが立体的に展開される中でマンガの世界に入っていく、新感覚のマンガ体験の場が出現します。

(新次元マンガ表現の現在リーフレットより転載)

とゆーことで『新次元マンガ表現の現在』を鑑賞しに、水戸芸術館現代美術ギャラリーまで足を運んだのでした。今月の頭に…(それを今ごろレポってどーよ;;)

さておき(をーィ)紹介文にある様に、これまでとは違った体感型の展示法が新鮮で面白かったです。同行者Aられさんの「ハイグレードな文化祭」とは言い得て妙な表現。
特に『くらもちふさこ 駅から5分の世界』は圧巻。原画こそ無かったものの、よくぞここまで…と展示に関わった方々に労いの言葉をかけたい思いでした。(もー細切れ!笑)

もう終わっちゃうんだけど;;(26日迄)行ける方は是非!
水戸芸術館自体も素敵で、遠かったけど行って良かった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

KABA

KABA
KABA

UA 甲本ヒロト

ビクターエンタテインメント
2010-06-23
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちょ(笑)
申しわけないけど、担当者各位にお礼が言いたい!
だって、だって、懐も痛めず保存用が手に入っちゃった様なものですもんhappy02

ミスプリって・・・。
携わった方にはペナルティものの大損害でしょうが、ブックレットが第一目的な自分にとっちゃ、超嬉しいオマケでした。
(ブックレットの表紙とショート漫画は、くらもちふさこ氏の描きおろし。あとディスクの「カバ」もそうだよね?)

そんなわけで心置きなく、ガン見出来ます(←女子高生同様、すっかり一目惚れheart04だったらしい:笑)
CDも「とっても好き」レベルで、文句なしです。
予約しといて良かったよ〜。

【追記】
後で読み返したら意味不明だったのでsweat01

Amazonで予約したUAの新譜『KABA』が届いたら、ブックレットの歌詞表記にミスがあった様で、差換えの為の訂正版も同梱されてたんです。
つまり、ミスプリ版と訂正版で2冊scissorsって話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

カバ?

「UA×くらもちふさこ」コラボ『KABA』ジャケット公開!
そして「モンスター」6/2モバイル配信スタート

(UAオフィシャルサイトより)

↑だそうです。
23日発売、UAの15周年企画カヴァー・アルバム『KABA』のジャケットは、なんと!くらもち先生描き下ろし。わーいhappy02

ソッコー予約は言うまでもない!
UAは元々好きなアーティストなんですが「20年以上のくらもちファン(N耳は30年以上だ←偉そう)」と聞いて、ますます好きになっちゃいました(笑)

さてこのアルバム、よくあるカヴァーと思うなかれ!かなり興味深い選曲となってます↓

01.モンスター/ピンク・レディー
02.夜空の誓い feat. 甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)/HIS
03.きっと言える/荒井由実
04.買い物ブギ/笠置シヅ子
05.セーラー服と機関銃/薬師丸ひろ子
06.Day Dreaming/Aretha Franklin
07.Under the Bridge/Red Hot Chili Peppers
08.Paper Bag/Fiona Apple
09.わたしの赤ちゃん/七尾旅人
10.Hyperballad/Bjork
11.Love Theme From Spartacus/映画「スパルタカス」より
12.蘇州夜曲/渡辺はま子、霧島昇
13.No Surprises/Radiohead
14.妖怪にご用心/中山千夏
15.tiru-ru-shi/こやまよしこ

ちなみに「モンスター 」はiTunes Storeで試聴出来ます。
こちら

ちょ!カッコイイかもぉ〜heart01
楽しみですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

花に染む #5

氏子総代長の登場に
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!と思ったN耳です。
沢田君の(名前の)謎が解けたぜflair
そして更に更に謎の多い人物…圓城弟の過去が、徐々に徐々に明かされていく。ドキドキ…heart02

『花に染む』が醸し出す和テイストが気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

ピアノの森

110527_piano一式お借りしてます。
(一色まことだけに;;)

面白いです♪
決してオヤジスキーってワケじゃないんですが、阿字野センセがしゅてきheart04
てゆーか、既に母親目線な読み方しか出来んのか?…とショックだったり(実際そーゆー年齢なんだから当然なんだけどね;;)
いや、でもマジ素敵だから、阿字野壮介。

さて、面白いので一気に読めちゃうわけですが、現在も「モーニング」で連載中なので、未だ完結してません。あーもーN耳にとっては拷問に等しいわcrying

ところで、これは「のだめカンタービレ/二ノ宮知子」でも感じた事なんですが、この「ピアノの森」にもやはり「いつもポケットにショパン/くらもちふさこ」へのオマージュ的なものを感じました。
となると連鎖反応で、また「いつもポケットにショパン」が読みたくなるのです(笑)良作は良作を生むのだ!うん。good

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

花に染む

現在コーラスに掲載中の新連載『花に染む/くらもちふさこ』新連載とは言っても前作(駅から5分)とは密接に繋がってます。

ほのぼの系の『駅から5分』とは打って変わった、どどーんと重めのストーリーに毎回ドキドキ恐々(笑)しながら読んでます。
そんな『花に染む』と『駅5』が、今後どの様にリンクしていくのか?ものすごく気になるっス!

で、実はもうひとつ気になっているのが、沢田君の名にも「陽」の字が付くことなんです;;
偶然ですか?それともやはり圓城一族と何か関わりが…


100330_ryllis
おまけ画像は、アマリリスの麻子ちゃん。
(品種名ではありません、念の為:笑)

昨年は咲きませんでした。開花の養分を蓄えるには2年ほど掛かる様です。今度こそ庭に植え替えなきゃ…と思いつつ早幾年。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

『駅から5分』第3巻

更新サボってたら、すっかり師走じゃないですか(アセアセ;;)

で、とっくに出てますから!
くらもちふさこ『駅から5分』の最新巻
いや勿論、即買って読んだけども(^^;)

今巻も、ちょこちょこと修正入ってます。
本誌掲載時の表現の方が好きなとこもあるし、またその逆も…まぁこれも反復読みの楽しみのひとつでしょうか♪

3巻には人物相関図の他に、駅から5分マップが入ってます。
益々『天然コケッコー』の東京版に思えてきた(笑)
エリアは断然『駅5』の方が狭いんですが(なんたって駅から5分!)登場人物の多さときたら…(さすが都会だ。笑)
なもので、まるで話の展開が推測出来ません。

今巻では「episode14」笛木家のお話が一番好きかなぁ。
笛木母が可愛いですよねぇ(*^^*)一緒に走って、私も少し痩せた気がします(爆)
あとやはり「episode18」の燃え話も捨て難い!

以上、本誌に掲載されたエピソードは、3巻までに全て収録されてますので、早く続きが読みたい方は、来年1月28日発売のコーラスに掲載予定ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧