映画・テレビ

2010年12月21日 (火)

TVキャビネット

Ethan

Ethan Allen(イーセン・アーレン)のTVキャビネット。当時はこんな時代(薄型大画面)になるとは思わず、一生モノのつもりで大枚はたいて購入したのでした。
現在29インチのTV(ワイドぢゃないヤツ;;)が入ってますが、これが限界サイズなので、当然ながら買い替えた大型液晶(って、来年まで来ないけど)が入るはずもなく…

そんなワケで廃棄するには忍びないので、リサイクルショップ数件で聞いたところ、いずこもNG。買取はおろか、廃棄料2万とか言われる始末(T▽T)(だったら市の粗大ゴミに出すっつーの!500円だし)
ああ…どなたか貰って下さる方がいるなら、喜んで差し上げたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

お願い!ランキング

というテレ朝の番組なんですが、放送開始間もない頃からマイブームが続いてます。
特にヒットしたのが「ちょい足しクッキング」ジャンク好きにはたまりませ〜ん(笑)

それと「美食アカデミー」もお気に入り。
カッコかわいい川越シェフのファンです。イケメンなのに、おちゃめなとこが何とも…
それにあの川越スマイルったらheart04

ただ放送時間が深夜帯なので、つい夜更かしして寝るのが遅くなっちゃうのが問題かなぁ(^^;)
そんな「お願い!ランキング」が20日、スペシャル番組「お願い!ランキング GOLDEN」としてゴールデン枠に初進出(午後7時~8時54分放送)と聞いて、楽しみにしてるN耳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

アリス・イン・ワンダーランド

観て来ました。IMAXで♪
二度目なので、流石にアバターほどの驚きはありませんでしたが、不思議国は充分に堪能させて頂きました。

ジョニデの存在感は相変わらず抜群で、素敵にイカレてましたけど、やっぱチェシャ猫最強!(←まったくの主観:笑)
あのふわふわ、触りてぇ~~~~happy02

寝不足だった為か、3D酔いしそうになるシーンもありましたが、それでも不思議国は美しかったshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

アバター

正月休み中、念願のIMAX 3D版で『アバター』を観て来ました。

こ、これはちょっと凄いゾ!
すっかり入り込んじゃって、自分もその場にいる様な不思議感覚を体験しちゃいました♪
あえて吹替版をチョイスしたのも正解。宙に浮いた文字に遮られることなく、映し出された世界に没頭出来ました。

ストーリーと言うより映像重視ではありますが、これが新たな映画の楽しみ方であることは間違いなさそうです。
特別興行の為割引等はきかず、鑑賞料は2,200円と高めでしたが、これで3時間近く惑星パンドラでバーチャル体験をしたと思えば、決して悪いものではないと思いました。

それに当日の午前中、ネットで夕方の回の予約を入れて、エグゼクティブシートのすぐ裏の席(真ん中よりちょい右)が取れちゃうんだもん♪
あ〜田舎のシネコン、やめられん(笑)

追記:
その後レビューを見て回ったところ『アバター』は鑑賞する環境(劇場の設備)によって雲泥の差がある様です。最強の環境(IMAX)が、何故か地元にあった(笑)のはラッキーとしか…
しかしこのシステム、現時点で日本に4館しかないんですって(^^;)

3D方式にも色々ある様なので、観に行かれる方は後悔しない為にも劇場のチェックを怠りなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

2012

いやもぉコレ以上ない!ってくらい豪勢な映画でした(笑)
タイタニックとか、ディープ・インパクトといったパニック映画を数本観た様な…2時間ぶっ通しでアトラクションを楽しんだ様な…そんな感じ(^^;)

夫婦の日&カップルデイで千円だったので、ド派手系好き夫婦としては満足です(笑)
良い映画だった。などとは言いませんが、やはり劇場でこそ楽しめる作品ですよねぇ。どうせならIMAXで観たかったです...orz だから次こそはアバターで!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

マンマ・ミーア!

るーさんが券をゲットしてくれまして『マンマ・ミーア!』を一緒に観て参りました(ラッキー♪)
劇場まで送迎付のお姫様crown鑑賞ですよ。笑

で、映画。
倫理観(笑)とかは置いといて、すっげ楽しかった♪
きっと撮影も楽しかったんだろうな…ってのが、アリアリです。
オバハン達がね、もぉカッコいくてね。観てるだけで元気が出て、超ハッピーになれましたわ、ほんと。

なのに涙が出る…って、るーさん言ってましたけど、同感です。
あれは、季節的な涙目だけではなかったと思ふ;;

メリル・ストリープがあんまり輝いてたんで、いったい幾つになったんだろう…って気になってたんですが、1949年生まれでした。
60かよcoldsweats02 凄すぎだろ、それ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

20世紀少年 第2章

前夜TV放送した影響か、ダンナが珍しくその気になっていた(←自ら映画に行こうとは決して言わない奴)ので、気が変わらないうちに行って参りました公開初日。
IMAXに釣られたってのもあるんだけどね(^^;) なのに夏からだったよIMAX。orz

とはいえ、新しいし広いし見やすいし、音は派手だしで、バッチリ最後まで起きてました(第1章は所々記憶が無かったりして;;)
あっ原作は面白いですよ(途中までは)でも思い入れは特にないので、劇場版はそれなりに楽しんでます♪

第2章は、高須役でハイテンションな小池栄子と、まんま“小泉響子”な木南晴夏がツボでした。もー最高(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

グーグーだって猫である

観て来ました。

同名原作漫画のファンなので、多大な期待はせず「猫が見られりゃヨシ」くらいな気持ちで出掛けたわけです。
なのに猫の出番、少なかった。orz

『グーグーだって猫である』と言うより、大島弓子氏をモデルにした、猫と暮らす小島麻子という天才少女漫画家と、そのアシスタントのナオミが主役?なお話でした。
や、それ以上に出張ってたのが、吉祥寺とニャンとも清潔トイレ。それと楳図かずお氏だったりして(笑)

なんか余計とも思える描写の多い、妙な映画だったなぁ。
面白くないとは言わないけど、私みたく猫目当てで行っちゃうと物足りなく感じるかも(^^;)

それと、自分は原作ファンだけれど劇中に出てくる他の大島作品は未読なので、もし読んでいたならもっと映画を堪能出来たろうに…と残念に思います。
だから…そんな私が四の五の言っちゃいけない映画だとオモ;;

そうそう『天然コケッコー』の伊吹ちゃん(柳英里紗)が女子高生役、松田先生(黒田大輔)が文具店主役で出てました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

クラレちゃん

ミラバケッソのクラレちゃん。
「あれ本物?」「違うだろう」「ラマ?」などと、CMが流れるたび家庭内で物議をかもしていたクラレちゃん。

ミラバケッソキャンペーンサイト(音が出ます)

本物でした。
それにラマではなく、アルパカだった(^^;)
超かわいい〜〜〜♪

↓こっちはツボった(爆)

って、那須にいるじゃん!クラレちゃん
ちょ「アルパカ牧場」行って来る♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

パンダフルライフ初日

行って来ましたよ新宿ピカデリー。
『パンダフルライフ』日本にこれほどパンダ愛好家がいたとは!

上映開始1時間前と言うのにチケット売場には長蛇の列。
「『20世紀少年』も初日だからねぇ。売場分けてくれたらいいのに…」などと文句を垂れつつ並び始めて数分。同行のAさんが気付いた「ねぇ。パンダに×付いてるんだけど?」

「なっにィィィィーーー!」
舞台挨拶の回は外したし、1時間あれば余裕。という我々の思惑は見事にハズレました。orz
結局次、6時上映のにしたけどそれもほぼ満席。しかも意外や子連れは少なかったという;;
スマソ、パンダ侮ってました。まぁ列の殆どは『20世紀〜』だったとは思うが。

さて内容は…上映時間100分。まるごとパンダ(どっかで聞いた様な?笑)パンダに興味のない人(そんな人は観ないか)は寝ちゃうかも(笑)
私は最後まで楽しめました。館内も可愛いコール♪がおきたりと結構盛り上がってましたし。

そして、あんなに可愛いパンダが、なぜあれほど哀愁に満ちて見えるのか腑に落ちた様な思いです。
あのGKと同じく氷河期を生き抜いたというのに、生命力がどこか希薄な気がするんですよね(^^;)

パンダはもともと肉食だったのが、氷河期を生き抜く為に竹を食べる様になったとか。
なのに消化器官は進化せず肉食のまま。竹を食べても殆ど消化されないから、体力を消耗しないよう一日中寝て食べる。

発情は年に1度で、それもたった3日間。単独で暮らすパンダが広大な森で伴侶と出会える確率って?
出産もあんなデカイ図体して、産まれてくるのはたった1頭。
150gと超小さいんだから、もっと沢山…と思うと、実は双子を生む確率は55%と高いのに、野生の厳しい環境下では2頭同時に成育するのは困難、より元気な方しか生き残れないのだそう。

パンダ。絶滅危惧種のパンダ。
キミ達はいたって呑気で「それでもいいよ」って思ってるかもしれないけど、だからこそ、こんな愛すべき生きもの、人の手でなんとかしたいよね。

とゆーワケで、WWFに寄付してきました↓
良い大義名分が出来たって感じ?(笑)

080830_panda

白黒同盟に強引に加盟しようとする、うちの白黒。
猫って字は共通してるけど、あんたはパンダ(大熊猫)じゃないでしょ!

くらもち先生と菅野美穂さんのコラボ、限定の風呂敷は大人気で早い者勝ちでした。m(_ _)m
同じく限定コラボだけど、扇子はセンスがイマイチ(洒落じゃなく)で、買ってません(^^;) 先生のイラストだけなら良かったのに。

あ。アドベンチャーワールド生まれの双子の兄リュウヒン(隆浜)の耳が切れちゃってる理由、分かりました(笑)

それと、中国へ里帰りして間もない頃は「シュウヒン(秋浜)」って呼びかけに反応していた日本人の弟パンダが、いつしか日本読みの呼びかけに反応しなくなったのは、ちょっと切なかった。
けどそれは成長の証。立派な中国人になってね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧