« アルパカ | トップページ | カメ割り »

2008年9月19日 (金)

グーグーだって猫である

観て来ました。

同名原作漫画のファンなので、多大な期待はせず「猫が見られりゃヨシ」くらいな気持ちで出掛けたわけです。
なのに猫の出番、少なかった。orz

『グーグーだって猫である』と言うより、大島弓子氏をモデルにした、猫と暮らす小島麻子という天才少女漫画家と、そのアシスタントのナオミが主役?なお話でした。
や、それ以上に出張ってたのが、吉祥寺とニャンとも清潔トイレ。それと楳図かずお氏だったりして(笑)

なんか余計とも思える描写の多い、妙な映画だったなぁ。
面白くないとは言わないけど、私みたく猫目当てで行っちゃうと物足りなく感じるかも(^^;)

それと、自分は原作ファンだけれど劇中に出てくる他の大島作品は未読なので、もし読んでいたならもっと映画を堪能出来たろうに…と残念に思います。
だから…そんな私が四の五の言っちゃいけない映画だとオモ;;

そうそう『天然コケッコー』の伊吹ちゃん(柳英里紗)が女子高生役、松田先生(黒田大輔)が文具店主役で出てました。

|

« アルパカ | トップページ | カメ割り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

きっともっといっぱいいっぱいお宝が隠されてるのかもね。

投稿: るー(chamamada) | 2008年9月19日 (金) 21:47

#るーさん
そう。見過ごしてるとこ沢山あると思う(^^;)
私的には猫が堪能出来れば、それでも満足だったんですけどね(笑)

投稿: みみ@管理人 | 2008年9月20日 (土) 01:39

子供の頃から知っている、今、23の女の子がチョイ役で出ています。
彼女の叔母にあたる私の友人が見に行って来たけど
「特に行かなくていいからね」とのこと。
原作のファンというのでなければ、その程度の映画なのかなぁ。
そういえば、「おくりびと」の試写会に行ってきましたけど、
良かったですよ~。こちらはオススメです。

投稿: Ver3@y子 | 2008年9月23日 (火) 18:13

#Ver3@y子さん
レス遅れてスミマセン。

>23の女の子がチョイ役で出ています
あらま。どの女の子だったのかしらん?(^^)

>特に行かなくていいからね
原作ファン以外はそんな感じなんでしょうか?(←知りたかった)

原作(は、漫画家と猫の日常がメイン)にかなり脚色されてるし、猫映画でもないし、なんとゆーかもっと広義な…『グーグー』とうタイトルを借りて、大島弓子ワールドを映画で表現したっぽいです。
固定観念にとらわれて観ちゃうと、よく分からない映画になるかもしれません(^^;)

「おくりびと」は評判良いみたいですね。
たぶん劇場には行かないと思いますが、DVDになったら観たいと思ってます。

投稿: みみ@管理人 | 2008年9月25日 (木) 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/42525599

この記事へのトラックバック一覧です: グーグーだって猫である:

« アルパカ | トップページ | カメ割り »