« カマキリとの遭遇 | トップページ | クラレちゃん »

2008年8月30日 (土)

パンダフルライフ初日

行って来ましたよ新宿ピカデリー。
『パンダフルライフ』日本にこれほどパンダ愛好家がいたとは!

上映開始1時間前と言うのにチケット売場には長蛇の列。
「『20世紀少年』も初日だからねぇ。売場分けてくれたらいいのに…」などと文句を垂れつつ並び始めて数分。同行のAさんが気付いた「ねぇ。パンダに×付いてるんだけど?」

「なっにィィィィーーー!」
舞台挨拶の回は外したし、1時間あれば余裕。という我々の思惑は見事にハズレました。orz
結局次、6時上映のにしたけどそれもほぼ満席。しかも意外や子連れは少なかったという;;
スマソ、パンダ侮ってました。まぁ列の殆どは『20世紀〜』だったとは思うが。

さて内容は…上映時間100分。まるごとパンダ(どっかで聞いた様な?笑)パンダに興味のない人(そんな人は観ないか)は寝ちゃうかも(笑)
私は最後まで楽しめました。館内も可愛いコール♪がおきたりと結構盛り上がってましたし。

そして、あんなに可愛いパンダが、なぜあれほど哀愁に満ちて見えるのか腑に落ちた様な思いです。
あのGKと同じく氷河期を生き抜いたというのに、生命力がどこか希薄な気がするんですよね(^^;)

パンダはもともと肉食だったのが、氷河期を生き抜く為に竹を食べる様になったとか。
なのに消化器官は進化せず肉食のまま。竹を食べても殆ど消化されないから、体力を消耗しないよう一日中寝て食べる。

発情は年に1度で、それもたった3日間。単独で暮らすパンダが広大な森で伴侶と出会える確率って?
出産もあんなデカイ図体して、産まれてくるのはたった1頭。
150gと超小さいんだから、もっと沢山…と思うと、実は双子を生む確率は55%と高いのに、野生の厳しい環境下では2頭同時に成育するのは困難、より元気な方しか生き残れないのだそう。

パンダ。絶滅危惧種のパンダ。
キミ達はいたって呑気で「それでもいいよ」って思ってるかもしれないけど、だからこそ、こんな愛すべき生きもの、人の手でなんとかしたいよね。

とゆーワケで、WWFに寄付してきました↓
良い大義名分が出来たって感じ?(笑)

080830_panda

白黒同盟に強引に加盟しようとする、うちの白黒。
猫って字は共通してるけど、あんたはパンダ(大熊猫)じゃないでしょ!

くらもち先生と菅野美穂さんのコラボ、限定の風呂敷は大人気で早い者勝ちでした。m(_ _)m
同じく限定コラボだけど、扇子はセンスがイマイチ(洒落じゃなく)で、買ってません(^^;) 先生のイラストだけなら良かったのに。

あ。アドベンチャーワールド生まれの双子の兄リュウヒン(隆浜)の耳が切れちゃってる理由、分かりました(笑)

それと、中国へ里帰りして間もない頃は「シュウヒン(秋浜)」って呼びかけに反応していた日本人の弟パンダが、いつしか日本読みの呼びかけに反応しなくなったのは、ちょっと切なかった。
けどそれは成長の証。立派な中国人になってね!

|

« カマキリとの遭遇 | トップページ | クラレちゃん »

*くらもちふさこさん」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした♪

飲んだ後の映画を眠らずに観られるだろうかと心配だったけど、ぱんだの魅力でちゃんと眠らずに観られました。

実はぱんだの目はもっと怖いと思っていたんですが(くらもちパンダを見すぎたためでしょうか(≧∇≦))、アップで見ても思いのほか可愛い目をしていたのがわかりました。
それがわかっただけでも観て良かった。

一匹狼のぱんだ。
大人になると一緒には居られない。
ぱんだのことはほとんど知らなかったんだなと思いましたね。

投稿: AYAKO | 2008年9月 2日 (火) 22:29

#AYAKOさん
私もアップで見ても可愛いと思いました。パンダの目
パンダの見方が変わったのは確かですね。これまで、ただ可愛いとしか見てませんでしたから(^^;)

ラーメンんまかった♪

投稿: みみ@管理人 | 2008年9月 3日 (水) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/42346479

この記事へのトラックバック一覧です: パンダフルライフ初日:

« カマキリとの遭遇 | トップページ | クラレちゃん »