« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月27日 (木)

少女マンガパワー!展

Shojomanga−つよく・やさしく・うつくしく−

去る20日。川崎市市民ミュージアムにて開催中(3月30日迄)の『少女マンガパワー!』展へ行って参りました。

今や『マンガ』が世界共通語となるほど、世界中で人気を博している日本の漫画ですが、近年は殊更『少女漫画』への注目度が高まっているらしい…。
漫画に於いて、これほど豊かなバリエーションを持つ国は、日本以外にないそうです。

そんな日本の少女漫画形成に多大な影響を与えた、漫画家23人の原画及び複製画等を展示した『少女マンガパワー!』展が、二年間の北米巡回を終えて日本へ凱旋して参りました。

展示は作家のデビュー順。巨匠・手塚治虫先生〜よしながふみ先生と、その漫画史の移り変わりが一目瞭然で分かる仕組。
入館早々、作品の美麗さに目を奪われました。

もうね、うっとりなの。その描き込みの細かさときたら「これぞ正真正銘!ザ・少女漫画」といった感じで(笑)
だけど目の前にある“それ”は、紛れもなく“芸術品”でした。

原画展ではないので、半分位は複製だったと思うんですが、それでも池田理代子先生のオスカル様(ベルサイユのばら)や、山岸凉子先生の厩戸皇子(日出処の天子)等の力作を前にすると、そのド迫力に圧倒されたのでした。
いや〜素晴らしかった!

懐かしさで少女時代へと逆行中のN耳。壁を回り込んだところで、くらもち先生の作品と遭遇し、ハッ!と我に返りました。何しろこちらは現在進行形なものですから(笑)
で、気付いたのが麻子(いつもポケットにショパン)のドレスの色(こちらは原画)イラスト集とかなり違う。
退色なのか、印刷による原作との差異なのか…

そこで有効手段と成り得るのが、竹宮惠子先生提唱の「原画'(ダッシュ)」なんですね。
「原画'(ダッシュ)」は、版下(原画)に残る下絵や修正の跡・印刷指示等までも忠実に残した複製とでも言いましょうか…「なんで原画が二つあるの?」てなくらい、そっくり。
それによって原画は数々の危険から守られる。と言う事です。

過去には原画の損傷や紛失などいう憂き目に遭われた作家さんも多かった様で…是非ともその保全には力を注いで欲しいものです。でないと日本はまた大切な財産を失う事になるでしょう!
たかが漫画、されど漫画。更なる地位の向上を願います。

ところでこの『少女マンガパワー!』展、川崎の方は30日で終ってしまいますが、その後は

「新潟市新津美術館」4月12日〜
 ↓
「京都国際マンガミュージアム」7月19日〜
 ↓
「横山隆一記念まんが館」9月6日〜

と続きますので、お近くの方は足を運ばれてみては?
その際、資料的価値も高い「図録(1,500円)」もオススメしておきます。くらもち先生他10人の作家インタビューも載ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

ザッパ主義

「たくあん切っといたから」

そう言ったダンナのたくあんは、全部つながっていた。
・・・おわり。

って、それだけかぃ!


080322_cassim

「切れてにゃ〜い!」

後ろにいるのは、Aさんが「カシム君に似てるから」と下さった
マンハッタナーズのマーベリック・クマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

ねんきん特別便

自分にも届きました。

なんで「ねんきん」だけ平仮名なんだよ!
「特別」って、なんか本当に「特別」みたいで、うっかり喜びそうになっちゃうじゃん!
いや実際「特別」なんだけども「特別」にしたら多過ぎないか?5,000万件…

の、みみ@管理人です。
ねぇちょっと奥さん!人ごとじゃなかったわ(笑)

年金手帳が三冊もあって、ずっと不思議に思ってましたが、結婚後すぐに勤めた会社(ほんの一瞬で、すぐに転職)にいた時期、重複して払っていたらしい。
それが抜けてました…手帳の記録によれば約半年分(^^;)

ほんと。手帳とっといて良かったyo。
特に女性は、結婚とかで色々と変わってる事も多いと思うので、要注意ですぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

行列のできる…

080314_cupmenセブンイレブン「もちもちの木」VS
セーブオン「めんじゃらけ」
のカップ麺。共に298円。

どちらも地元の行列のできる系ラーメン店。
う〜ん(-_-;) みみ@管理人宅では「めんじゃらけ」の勝ち♪

既に店の方でも実食済みですが…
う〜ん(-_-;) こっちもやっぱり「めんじゃらけ」派♪
が、メンマは断然「もちもちの木」穂先メンマが旨いっす!

まぁ、いずれもウチの好みの問題なので悪しからず。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

麻子ちゃんが咲いた♪

080312_hana毎年咲いてくれたのに、昨年はとうとう咲かず仕舞いだったアマリリス。

さすがにもうダメかと思ったが、また会えてよかった(^^)

やんちゃ盛りのカシムを懸念して、咲かずにいたのだろうか(笑

うん。なるほど…見事に麻子ちゃんのイメージ。
きしんちゃん、ナイス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

選り好み

080305_nutroちょっとスゴくね?これ。
ニュートロ・ナチュラルスチョイス(キャットフード)のサンプル貰っちゃった。
わ〜い\(^^)/

20g入を20袋ほど。
ニュートロって安くはないし、なんか得した気分♪(下世話だが金額にしたら800円位になるのか?)
実際、せっかく買ったのに食べないフードとかあったりするので、サンプルは助かるです。
だけど一番試したかった「インドア」が無かった。orz

食べ物を粗末にしない!そんな「勿体ない精神」にのっとり(笑)考えた策が、フードのブレンド。
単体だと食いが悪いのに、ブレンドすると何故か食べるんです。うちのカシム(^^;)

現在のメインは「サイエンスダイエット・インドアキャット」と「ピュリナワン・アフターケア」(大抵のショップにあるし、単体でもそこそこ食べてくれるから)
これをブレンド。それでもやはり飽きるので、それぞれをベースに別のフードを組み合わせたりも時々。

そんな感じで先日から「サイエンスダイエット」+「ロイヤルカナン・インドア」のブレンドを試み中。


080305_food1さて。ヤツが来る前にさっさと写真…
が、既に黒い影が忍び寄り…
あっ写真ブレた(T_T)
(白がサイエンスD、茶がロイカナ)

080305_food2数分後。
選ってある (^▽^;)

←のまま暫く放置され…

080305_food3
そして何も無くなった。


結局全部食うなら選るなよ!
(ちなみに、サイエンスD+ピュリナだと残るのはピュリナ)

猫って......orz

そんなワケで、飽きっぽいカシムの食事に、バリエーションを付けられるサンプルは、とっても重宝するのでした。

あ!先日もサンプルで頂戴した新製品「ロイカナ・ピュアフィーライン」三種とも、うまうま食べてました。
それと、ニュートロもよく食べます♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

映画賞関連まとめ

『天然コケッコー』のDVDが発売され、早2ヶ月以上経ちましたが、皆様ご覧になりました?
遅ればせながら、本作の映画賞関連受賞結果を纏めてみました。

受賞=すべて良作とは思いませんが、この様な啓蒙サイトを運営してる上で、自分がプッシュし続けた作品が映画となり(映画化は望んでなかったが、本作は原作を損なわない奇跡の出来)原作を知らない方はおろか、漫画を読まない方にも受け入れられ、多方面で高く評価され、そして受賞。それをファンとして喜ばずにいられましょうか(笑)

と言うことで、以下↓受賞結果です。

【報知映画賞】
・最優秀監督賞:山下敦弘『天然コケッコー』『松ヶ根乱射事件』
・最優秀新人賞:夏帆

【朝日ベストテン映画祭】
・日本映画ベストテン:1位
(4位:同山下監督『松ヶ根乱射事件』)

【ヨコハマ映画祭】
・日本映画ベストテン:2位
・最優秀新人賞:夏帆

【キネマ旬報】
・日本映画ベストテン:2位
(7位:同山下監督『松ヶ根乱射事件』)
・読者選出日本映画ベストテン:2位

【『映画芸術』誌】
・日本映画ベストテン:3位

【毎日映画コンクール】
・日本映画優秀賞
・脚本賞:渡辺あや
・音楽賞:レイ・ハラカミ

【ブルーリボン賞】
・日本映画ベストテン

【日本アカデミー賞】
・新人俳優賞:夏帆

【おおさかシネマフェスティバル】
・日本映画ベストテン:3位
(1位:同山下監督『松ヶ根乱射事件』)
・監督賞:山下敦弘『天然コケッコー』『松ヶ根乱射事件』
(山下監督は『松ヶ根乱射事件』で脚本賞も受賞)
・撮影賞:近藤龍人
・音楽賞:レイ・ハラカミ

以上(抜けはあるかもですが)おめでとうございます。
(その他の受賞作品については『海から始まる!?』さんの→こちらが詳しいです)

こうして見ると、やはり他の数多ある漫画原作モノとは一線を画してますね(*^^*)
少女漫画原作と聞いて敬遠されてた方、どうぞ安心してご覧になって下さい(笑)まさに宝物の様な一本です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »