« 腹。腹。腹。 | トップページ | ジレンマ »

2007年8月10日 (金)

天コケ情報まとめ

■関連サイトを集めてみました↓
>>公式サイト
>>集英社 s-woman.net
(少女まんがアーカイブでも、天然コケッコー他くらもち先生の作品が取り上げられてます)
>>BIGLOBE CINEMA SCRAMBLE『天然コケッコー』
>>eiga.com『天然コケッコー』
>>web ザテレビジョン×天然コケッコー
>>Yahoo!映画『天然コケッコー』
>>映画生活『天然コケッコー』
>>goo 映画『天然コケッコー』
>>天然コケッコー THE MOVIE !
>>石正美術館「天然コケッコー展」「天然コケッコーふたたび展」の様子

>>映画『天然コケッコー』リンク集
>>映画『天然コケッコー』に関するトリビア

|

« 腹。腹。腹。 | トップページ | ジレンマ »

*天然コケッコー」カテゴリの記事

コメント

夏休みでどこか行くんですか?(笑)

投稿: P | 2007年8月10日 (金) 11:39

#Pさん
夏休み?
地元で天コケを見る!に決まってるじゃないですか。笑
結局、自宅待機らしい…(^^;)
まぁいいか。島根で充分楽しんだし(笑)

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月10日 (金) 12:17

N耳さん、このたびは色んな「天コケ」情報
いつもたくさんありがとうございました。
おかげさまで無事に映画を見に行けました!
映画は「愛がある」って言う感じ!
モチロン原作と比べては太刀打ちできない
(映画が劣ると言うよりも原作が素晴らしすぎる!)
のですが、それでもこんな作品にしてくれて・・・。
下手したら、もっとこう、なんと言うか
「よくもこんな映画にしてくれたわね」って
言う作品にもなった可能性があったわけで。
(他の監督さんとかだったら、と言うイミですよ)
それを思っても、ファンの心理を裏切らない
見事な映画にしてくれました。
感激です。
もちろん不満はありますよ、でもそれは
原作があまりにも・・・以下略。
しかし、ほんと、くらもち作品がこんな風に
映画になるなんて。感慨深いですね~。
しみじみしちゃいます。

投稿: short | 2007年8月12日 (日) 11:05

#shortさん
情報と言ってもネタバレ炸裂ですよね、いつも。
shortさんの様に、気を使わないといけないわ(^^;)

>映画が劣ると言うよりも原作が素晴らしすぎる!

おっしゃる通り!
これは私も声を大にして言いたい(笑)

それでも原作を台無しにしなかった制作陣には、ただただ感謝ですけどね。
だって、映画化でいかに「天コケ」に興味を持たれた方が多いか、原作が品薄なのを見ても分かりますもの(^^)
だから集英社。さっさと増刷しろ!

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月12日 (日) 13:25

マンガ実写化映画はよく観ますし、いろいろありますが...
『天コケ』映画は、マンガのエッセンスを見事に閉じ込めて魅せた!と思います

あのスゴい〜くらもちふさこファンで、いらっしゃるんですね。
どこにTBしていいか、分かりませんでしたよ。
『コーラス』の特別版、見ました。立ち読みで(あら〜ごめんなさい)
昔とだいぶ絵が変わりましたね。
なんか書店で見当たらないのですが、そのうち、全巻読みたいです。

投稿: あん | 2007年8月15日 (水) 21:27

#あんさん
コメントありがとうございます。

はい。すご〜いファンなんです(笑)
ええ、もぉ、どこにでもTBしてやって下さい♪

くらもち作品初のメディア化という事で、ファンの間では相当な物議を醸していたのですが、こんな素晴らしい映画になって、多くの方に評価して頂けた事が嬉しいです。

>書店で見当たらない
その様に探して下さってる方が沢山おられるし、オクでも高値で売買されてるこんな時に、集英社ってばホント何やってんでしょ(^^;)

>昔とだいぶ絵が変わりましたね
そりゃもぉ、かなり(笑)
未だ進化中でして、既に『天コケ』の頃とも違います(^^;) 読んでて飽きない作家さんなんですよね。

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月16日 (木) 12:13

こんにちは~

ブログ拝読して、いろいろ勉強になりました!
ほんと、「天コケ」の原作を読みたいのですが、そうかぁ~
なかなか手に入らないのですね。前向きにさがしていきます!

TBさせていただきました。宜しく御願いいたします。(今日は一件、記事がどうしてもアップできなくて、結局最後までできなくて、すごく悲しい。こんな時間になりました。ウィルスかな~?)

投稿: スノーパンダ | 2007年8月22日 (水) 04:33

追記:あ、ごめんなさい、ウィルスなんて言ったら嫌がられますよね、

私の知識不足です、とほほ。

投稿: スノーパンダ | 2007年8月22日 (水) 04:41

#スノーパンダさん
コメント&TBありがとうございます。
後程こちらからもお願いに上がりますので宜しくです。m(_ _)m

原作、ある所(劇場内とか都内以外とか)にはある様ですが、Amazonとかs-bookにも…って、今見たら出てましたね!s-book.com。けどやはり1巻は無い(^^;)

>ウィルス
込み合う時間帯だったのでは?
今度は何事もなかった様にアップ出来るかもしれませんね(^^)

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月22日 (水) 11:10

TBどうもありがとうございます。
結局、」アップできなかったのは「カテゴリー」がなぜかそこだけ「非表示」になっていたからでした。。。とほほ。
Goo にメールで聞いたら割とすぐに教えてくれました。
お騒がせしました  

投稿: スノパン | 2007年8月23日 (木) 00:36

#スノーパンダさん
原因なんて大抵は、とほほ…なものです(笑)
無事アップ出来て良かったですね(^^)

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月23日 (木) 00:59

こんにちは。
トロント国際映画祭のラインナップが発表されました。
『天然コケッコー』が上映されるのは、Contemporary World Cinemaという世界の最新映画を上映する部門で、英題は“A GENTLE BREEZE IN THE VILLAGE”(村のそよ風)でした。
そのうち、私のブログにも記事をアップしますね。
なお、トロント国際映画祭にも賞はありますが、トロントはカンヌやベネチアのように賞を競う映画祭ではなくて、北米映画市場を背景とした最新映画の見本市的な意味合いの強い映画祭なので、賞を獲るとか獲らないとかはほとんど関係がありません。だから賞とか期待しちゃダメですよ~。
監督は行くかもしれませんが、夏帆ちゃんは行くのかな?

投稿: umikarahajimaru | 2007年8月23日 (木) 07:51

#umikarahajimaruさん
お知らせありがとうございます。
村のそよ風ですか…良い英題ですね。
日本でもサブタイとしてこれを入れたら、もっと伝わりやすかったかもしれませんね(^^;)
まぁ『天然コケッコー』で充分ですけど(笑)

>賞とか期待しちゃダメ
べつに期待はしちゃいません(そりゃ貰えたらやっぱり嬉しけど)ただ受賞によって、よりクローズアップされるなら、啓蒙サイトをやってる身としては喜ばしい…という事です。

これまで「少女漫画」という括りの為、この素晴らしい作品が、云わば日陰の身にあったわけですから(^^;)

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月23日 (木) 10:27

広島のアートシネマで見てきました。
ワハハハ、歩いてる歩いてるよ!ちょっとちょっとあなたたち、カメラ回ってる、回ってますって!w
なんかもう、たまたまそこを通りかかって写り込んでるようにしか思えなくてメチャウケました。
って言うかAYAKOさん、その時の服で天コケツアーに参加されてたんですね。

えと、映画の感想は、2回目だとかなり映画に見えてくるわって感じです。カホちゃんがかなりそよちゃんに似てるのにはじめて気づきました。なんていうか「上手い」。演技がって意味じゃなくて(もちろん演技が下手って意味でもないです)、くらもちふさこが描くそよちゃんをうまく真似して描いているって感じ。「そうそう、くらもちふさこってこんな風にそよちゃん描くよね」みたいな。

原作に比べれば、そりゃあつたなさはいくらでも目に付きますが、不思議とテレビドラマ風にはなってないんですね。最近の邦画にありがちの「映画館で見るテレビドラマ」にならなかったってのは、たいしたものだと思います。

投稿: touka | 2007年8月24日 (金) 17:56

#toukaさん
やはり1回目は映画とて普通に見れませんよね、しかもあの盛り上がりでしょ(^^;)
地元での上映は今日からでしたか?もう一回は見ないと、映画としての、沈着かつ冷静な感想は書けないかもですね(笑)

>夏帆ちゃん
実は私も最初、夏帆ちゃんだけ、そよのイメージと違うかな?って思ってたんです。ロケで本人を間近にしても、まだどこか信じられなくて…。

ところが(1回目はともかく)スクリーンで見た夏帆ちゃんは違いました。そこには、そよちゃんがいたんです。
厳密には原作のそよとは違うんだけど、夏帆ちゃんが咀嚼したそよが見事にそよっぽかった。
なにかもぉ右田夏帆って感じでしたよ(笑)

>たまたまそこを通りかかって
えっなに?カメラ?あっゴメンナサイ。みたいな(笑)
一応演じてきました。あれで(爆)

>AYAKOさんの衣装(笑)
あの白いのはそうだったかも?

投稿: みみ@管理人 | 2007年8月25日 (土) 11:19

こんばんは。
『天然コケッコー』も上映されるトロント国際映画祭のラインナップをようやく私のブログで書き上げたので、よかったら、覗いてみてください。私の書いた記事を見ると、トロント国際映画祭というのが、どういう映画祭で、どんな規模で開催されているのかわかってもらえると思います。いや~、凄いんですよ!

投稿: umikarahajimaru | 2007年9月 5日 (水) 20:22

#umikarahajimaruさん
コメント& TBありがとうございます。
すっごいですね、映画好きにはたまらない祭典でしょうね
この中で「天コケ」は、一体どんな風に受け止められるのでしょう?興味津々です。

投稿: みみ@管理人 | 2007年9月 6日 (木) 10:54

お久しぶりっこぶりぶりぶりっこ
I love you love you your you(*´∀`*)
なんかこんな歌があったよね?
歌ってしまった(笑)
角●祭りも行けずN耳さんにも会えず
天コケにも乗れず。。。
こんどコミック貸してくれない?

投稿: ♪やまひろ♪ | 2007年9月 8日 (土) 19:48

#やまひろさん
お久しぶりです。夏休みは楽しまれた様ですね(^^)

>角●祭りも行けず
へ?うちには案内来てませんよ(ちっ:笑)
つい先日ダンナと「祭りやるって言ってたけど、なかったんだね」と話したばかりでした。

>コミック
くらもち作品は私にとって言わば宝物でして、基本、門外不出なのです。申し訳ないm(_ _)m
それと、一応啓蒙してる以上「気になる→手に取る→気に入る⇄購入」を理念とさせて貰ってます。(こう見えてマジです:笑)

何たって“するめ”みたいな作品の特性上、一度読んだだけではその良さが伝わり難く、お貸しして「ふーん」で済まされちゃうと、かなりダメージ受けるんで;;(こう見えて神経やわです:笑)

なのでまず劇場版をご覧になるのが宜しいかと…(^^;)
という事で、ごめんなさい。m(_ _)m

投稿: みみ@管理人 | 2007年9月 9日 (日) 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/16065040

この記事へのトラックバック一覧です: 天コケ情報まとめ:

» しまねは、しねまに似ている! 映画『天然コケッコー』 リンク集! [海から始まる!?]
 ネットで得られる映画『天然コケッコー』関係の情報を集めてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 11:37

» 天然コケッコー [描きたいアレコレ・やや甘口]
とても、幸せなほっこりとした気分になる環境ビデオのような夏映画です。 主人公そよちゃん(夏帆)の四季を描き、高校に入るまでを切り取った物語。 原作のコアなファンも、原作を知らない老若男女も、この時期の少女が... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 22:55

» 天然コケッコー [二子玉川 de ぼちぼち絵日記]
渋谷シネ・アミューズに「天然コケッコー」を見に行きました。⇒映画「天然コケッコー」正式HP 監督 山下敦彦(リンダリンダリンダ) 原作 くらもちふさこ ある程度の年齢の女性でしたら、「くらもちふさこ」さん{/ee_2/}って名前を聞くだけでこう、胸の奥がきゅぅっとなりませんか。 いつもポケットにショパン 東京のカサノバ おしゃべり階段 いろはにこんぺいと のあの、作者の初の映像化作品!だそうです。私はよく7才年上の姉の漫画を盗み見して 大人の世界を垣間見ていました。。。 「もうす... [続きを読む]

受信: 2007年8月22日 (水) 04:36

» トロント国際映画祭2007 ラインナップ! その1 [海から始まる!?]
 北米最大の映画祭であるトロント国際映画祭(今年は9月6日~15日) 。 [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 20:17

« 腹。腹。腹。 | トップページ | ジレンマ »