« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

H (エイチ) 2007年 8月号

『天然コケッコー』
夏帆×岡田将生、くらもちふさこ、くるり──22P大特集

ときたら、ひとまず買うよろし(笑)
読み物としてもあれですが、写真がまたイイ!眩しス

H (エイチ) 2007年 08月号 [雑誌]H (エイチ) 2007年 08月号 [雑誌]

ロッキング・オン 2007-07-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の大沢

あれは右田家の「にゃんこ」ではなく
「町を徘徊しているネコ」なんだそうです。
・・・なるほど。

シネ・アミューズ & アミューズCQNの→こちらより

山下監督も「二度三度と見て欲しい」って言ってますね。
私もそう思いました。(ストーリーが難解とかでなくです)


070731_cassim1

↑は、哲学中のウチの「にゃんこ」


070731_cassim2

ムダじゃ。ムダじゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

コーラス'07 9月号

070728_chorus『天然コケッコー 特別編』scene2

scene1は東京サイド、ひよっこ編(天然コケッコーの散歩路に収録)は木村サイドがメインのお話。そして今回のscene2では、大沢君が転校して来てからが、回想交じりで描かれてます。

中一のそよが可愛い(*^^*)
月照寺の亀のトラウマ話が可笑しいです。
そよ父ならやるな!あの勝ち誇った様な笑みが、目に浮かぶ(笑)
そして虫嫌いの大沢君(爆)

※付録で「天コケ読本」も付いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

天然コケッコー感想その3

劇場公開初日、シネスイッチ銀座にて鑑賞。
舞台挨拶の回ではないですが、満員御礼!老若男女と幅広い事。この層の広さは、正に願ったり叶ったり♪
意外に白髪交じりの男性が多かったのには、正直驚きました。一体どんな人が何を求めて、この『天然コケッコー』を見に来たのか、すごく知りたい衝動に駆られました(笑)
ただ、チケット売場で皆の集合を待っていたP氏によれば

「天然コケコッコー○枚」

と、お約束の間違いをする人が、4割はいたそうです(^^;)

“コケコッコー”ではなく“コケッコー”

が正解です。お間違えなく(笑)

さて、今回は映画館での鑑賞なので、流石に音響は良かったです。
試写では若干聴き取り難い箇所とかあって、ちょっと残念でしたから…何より「天コケが、どんな映画に仕上がってるか」だけで頭ん中一杯一杯だったし(^^;)

そんな、ちょっと余裕を持って鑑賞出来た二回目。私の目は、そよ役の夏帆ちゃんに釘付けでした。
笑って・怒って・泣いて…そして天然──そんな色んな表情を見せてくれた、夏帆ちゃんが最高に良かった!

岡田君は、存在自体が大沢だし(*^^*)
本人曰く、大沢君とは正反対だそうですが、彼は天然大沢だと思います。虫嫌いなとことか、やっぱ大沢じゃん(笑)

そんな子供達が眩しくて…切なくて…。きっと演じた彼らにとっても宝物となる作品でしょうね。
しかし、あっちゃんパパの「えっ、えっ、えっ」は、何度聞いてもツボだ(爆)

浜田での試写ほど盛り上がりはありませんでしたが(あそこは特別だし)あちこちでクスクス笑いが起きてました。
自分的には「ちゅーしてもええよ」辺りの絶妙な間が、原作以上に可笑しかったです。

とにかくこの映画は、スタッフの拘りが半端でない。背景の小道具の凝り様や、メインの会話の最中、チビ達が脇で何かやってたり(笑)とか、一度の鑑賞では気付かない部分がいっぱい♪
まぁ本筋には直接関係ないんですが、それが作品に奥行きを与えてるのは確かです。
きっとDVDを購入したら、一時停止ばっかして、ちっとも先に進まないんだろうなぁ(^^;)

そして鑑賞後。そのままAppleストアで行われた「レイ・ハラカミ×渡辺あやスペシャルトーク」に流れたのでした。
ハラカミ氏の毒舌っぷりが可笑しくて、こちらでも大笑い。
山下監督って、そんなに粘着質なんすか?(爆)


天然コケッコー感想その1

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年7月27日 (金)

トロント国際映画祭出品!

映画『天然コケッコー』ですが、トロント国際映画祭への正式出品が決定したそうです。
ソースは「CINEMA TOPICS ONLINE」の→こちら

過去に受賞した邦画は、北野監督の『座頭市』のみだそうです。
山下作品は『リアリズムの宿』『リンダ リンダ リンダ』に続き3回目。三度目の正直となる事を願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然コケッコーの散歩路

天然コケッコーの散歩路 増補版天然コケッコーの散歩路 増補版
(クイーンズコミックス)

くらもち ふさこ

集英社 2007-07-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しゃーない。増補版買いましたよ、集英社のAさん(笑)通常版も持ってるけど。

が、そんな不平も、10ページに満たない描き下ろしで喜びに転じました♪(まぁコレもいずれコミックス等に収録されるんでしょうが;;)

この「ひよっこ編」が面白い。
最初の見開きで既にクスクス…7コマ目で、堪らず噴き出してしまいました。
ツボった(爆)

コーラス8月号掲載の「特別編 scene1」が東京サイドなら、こっちは木村サイドなんですね?
そして「気に入ってくれりゃ ええけどな…」な頃に「C組の長谷川」ですよ(笑)

だから・・・買って良かったです。集英社のAさん(しつこい)

他にもカラーページ中心に、思ったより増補されてました。
くらもちファンは元より、原作ファン・映画ファン・山下ファン・渡辺ファン・出演者ファン他、多くが楽しめる内容かと思います。

さて、明日からいよいよ劇場公開!
そして、コーラス発売!わ〜い\(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

天然コケッコー感想その2

いよいよ今週末(28日)より全国順次ロードショーとなる映画『天然コケッコー』ですが、念願の試写を見てネタバレ解禁になった為、今度は人様のレビューが気になって仕方がない(^^;)──特に原作未読のかた。

って事で、今まで見ぬふりをしていた数々のレビューを求め徘徊してるワケですが、概ね好意的である事に安堵したり(笑)自分の映画でもないのにね;;
そんな中では、琴線に触れまくちゃった人もいれば、チラホラ見かけるのが

起伏のあるストーリー展開や、驚く様なラストがあるわけでもなく、全体を通して淡々と時間が流れているだけで、何が言いたいのか分からない。

といった様な感想。
あのぉ・・・これ、そーゆー作品だし、それこそが肝なんですけど(^▽^;)

たぶん見てる方向が違うのでしょうね。
ハリウッド的テイスト嗜好の方(私もアレはアレで好きですが)には、不明瞭で退屈に思えるのは仕方ないかな。
ちょっと見方を変えたら、また違ったかも?

なんと言うか…ストーリーを追うのではなく、あのゆったりとした流れに身を委ねる感じ?
そよのセリフ「もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう」が、この映画を集約してる様に思います。

で、何がスゴイって、何も無い・何も起きない田舎の日常(誰がそんなの面白いと思います?)を淡々と漫画に描ききり、それが充分に面白かった事。
そして、その原作の空気感を損なう事なく、映画化出来たことこそ素晴らしいと思うのです。

実際に「映画では何か事件があった方が良いのでは?」という様な意見も出たらしいんですが、脚本の渡辺あやさんが、頑として「うん」と言わなかったそうです。
(みたいな事をトップランナーで言ってたかな。放送ではカットされてたけど)

そう。事件は無くていい!だってそれが『天コケ』だから。
いや、村にとっては充分事件なんですけどね(笑)

『天然コケッコー』切なくて・懐しくて・心温まる、宝の様な素敵な作品です。
ぜひ皆様も劇場に足を運んでご覧になって下さい。きっと何かを持って帰れると思います。

天然コケッコー感想その1

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年7月24日 (火)

「天然コケッコーふたたび」展開催!

070625_tenkoke去る6月29日〜7月13日、くらもちふさこ作品初の映像化としても注目の、映画 「天然コケッコー」の公開に先駆け、その舞台でありロケも行われた島根県浜田市にある浜田市立「石正美術館」にて「天然コケッコー展」が開催されました。

好評のうちに終了しましたが、多くの方の要望により、8月24日〜5日間「天然コケッコーふたたび」展として、再度原画・映画スチル写真が展示されるそうです。

見逃した方、チャンスですよ♪
N耳の「天コケ展」レポは→こちら

※「天然コケッコーふたたび」展の詳細は→こちら
島根県浜田市立「石正美術館」まで

■他、天然コケッコー関連サイト↓
・劇場版オフィシャル…映画「天然コケッコー」
・集英社…s-woman.net
・石見観光振興協議会…ALLいわみ
天然コケッコー THE MOVIE !
・Movie Walker…こちら←でも予告が公開中(試写会での舞台挨拶もあり)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

鉄コン筋クリート

原作は未読ですが、心が弱い自分は、こーゆー作品にめっぽう弱いです(^^;)

ストリートキッズが跋扈する背景や、クロとシロの関係に、どうにも『BANANA FISH』が脳裏に浮かんで、それがますます作品世界に堕ちる要因になったり…(^^;)

同じ様に心の闇と対峙するくだりのある『ゲド戦記』や『ブレイブストーリー』より、こちらの方が断然面白いと思いました。まぁ肝心のそのシーンが長い様には感じましたが(^^;)

見事に出来上がった架空都市にその色彩、動き、全て素晴らしかったです。やはり日本のアニメは世界一(監督は外国人だけど;;)と思えた作品でした。
『ピンポン』といい、松本大洋は映画化に恵まれてますね。そりゃ当然、原作が魅力的だからに他ならないでしょうけど。

そして何より、シロ役の蒼井優。彼女は天才ですか?もちろん二宮君も良かったですが、蒼井優の名演により、更に作品に深みが増したのは間違いないでしょう。

鉄コン筋クリート (通常版)鉄コン筋クリート (通常版)
二宮和也 蒼井優 マイケル・アリアス

アニプレックス 2007-06-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

FRaU 8月号

FRaU (フラウ) 2007年 08月号 [雑誌]FRaU(フラウ)8月号に、くらもちふさこ先生と、俳優の谷原章介さんの対談が載ってまして、これがなかなか興味深い。

『天然コケッコー』の映画化で、にわかくらもちファンが増えた気がしてたN耳ですが…(『おしゃべり階段』好きです。『いつもポケットにショパン』読んでました〜。みたいな;;)
いや、もちろん代表作だし、名作だし、それはそれでイイんだけど、そこで終ってくれるな!と。(^^;)

じゃなくて谷原章介。彼は「正真正銘のくらもちファン」という事が、対談を読んでよく分かりました。(もっとも私が知らなかっただけで、以前からTVや雑誌でラブコール送り続けてたそうなんですけど;;)

何より決定打は、推薦作が『おばけたんご』『チープスリル』って事ですよ(他に『Kiss+πr2』)
こりゃ間違いない!

彼のポパイなら許す(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

猫の毛

070720_4nyan先日、るーさんの教室に、ファーミネーター持参で遊びに行ったら、やっぱりいっぱい毛が取れて、二人で大笑い。

べつに工作員じゃないけど、もし購入を躊躇してる人がコレを読んでくれてたなら、私が背中を押してあげましょう(笑)

どころで、るーさんちでは「黒地に白い猫毛が付くのと、白地に黒い猫毛が付くのとでは、どちらが許せるか」で、姉妹戦争が勃発しているそうなんですが(んな大げさな:笑)
うちは旦那と私「黒地に白の方が許せる」で、意見が一致しております。(どっちでもイイとか言わない様に!笑)

画像は、わらわらと猫草に寄って来た、るーさんの教室猫達。
皆デカイもんだから、普通サイズの真っ黒ちゃんが、とっても小さく見えました。(^^;)

で、ますむらひろしの『コスモス楽園記』を借りて来ました。

続きを読む "猫の毛"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

しっとり卵のむしケーキ

070717_tenkoke本日よりローソンにて発売!
一個だけありました(^^;) 中はフツーの蒸しケーキ。美味しかったです♪

ってこれ、関東圏だけ??

ローソンて言えば、中国山陰はローソンばっかで、セブンを見た記憶が無い;;
あ。島根旅行記アップしました。もしお暇があれば、7月7日からの記事をご覧下さいm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

「天コケ」ポッドキャスト配信中

iTunes Storeにて→映画「天然コケッコー」公開記念 「天コケ」ポッドキャスト無料配信中です。(全3回)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

天然コケッコー感想その1(浜田試写)

まず、石見地方の風景の美しさと、キャスティングの見事さを上げたいと思います。
まぁ若干「伊吹が可愛すぎる」などの不満?(笑)はあった様ですが、私は伊吹ちゃん、とっても良かったです。
子供達が皆輝いていて、まさに子供が主役の映画でした。

脚本の渡辺あやさんは心底原作ファンだった様で、山下監督はある意味、最も厳しいファン代表に常に見張られていたのではないでしょうか?(笑)
実際、他の誰が作っても本作以上の『天然コケッコー』は出来なかったろう!と思える出来でした。

まぁ私達は原作厨ですから、それぞれ言いたい事はあると思いますが、そんな事は取るに足らない些細な事です。
ひと言あるとすれば「そよの三つ編みは、ほどくな!」でしょうか。これに関しては、その場に居合わせたファンが、異口同音にそう申してました。
あと個人的には、にゃんこ。猫のオオサワ*は超プリチーだけど、あれ「にゃんこ」じゃないし。ええ…些細な事です(^^;)

それと、若干セリフが聞き取り難い箇所があったのが残念だったかな。それでも、観客には充分伝わってましたけど。

原作既読の身からすると「これはちょっと説明不足では?」と不安に感じるシーンが、いくつかあるわけですよ、それでも会場は、自分がそうだった時と同じ様に反応し、笑いが起きたりしてるんですよね。
ああ…ちゃんと伝わってるんだな。と、ほっとしたりして;; まぁ説明不足(ここでは褒め言葉)は原作も同じなんですが(笑)

印象的だったシーンに、そよが黒板に「“スキ”をする」シーンがあります。
愛おしさが画面に滲み出る様な、素晴らしいシーンです。夏帆ちゃんファンでなくても、必見でしょう(^^)

それとエンディング。
坊主にした大沢君の入れ方に、思わず「映画万歳」と言いたくなりました。(岡田君も、この為だけ?にアリガトね)
で、最後は会場中拍手喝采でした。

多くを語らない作りは、原作でも本作でも一貫していたと思うので、この映画を気に入った人には、ぜひ原作も読んで欲しい──と思う、N耳でした。
私的には、映画を見てから原作の方が良いかな。

最後に、何より幸運だったのは、原作の舞台でありロケも行われた浜田の地で、くらもちファンや石見地方の方々と共に、この素敵な映画を鑑賞し、感動を分かち合えた事です。
それだけでも、遠く島根まで足を運んだ甲斐があったというものです。

で、鑑賞後は当然、ニッパラに雪崩込んでの感想会。
いや〜熱かった(笑)


よろしければ…
天然コケッコー感想その2
天然コケッコー感想その3
天然コケッコー感想その4
天然コケッコー感想その5


【追記】
猫の大沢は、右田家の“にゃんこ”ではなく、村猫って設定だったらしい。ならばおk♪
外猫って、何軒か掛け持ち(笑)してたりするもんね。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年7月11日 (水)

「天コケツアー4」旅行記5…蛇足

「天コケツアー4」旅行記5…蛇足
■大根島
ここを経由して境港へ向かう。
牡丹で有名らしいが、現在7月、とっくの昔に終ってます(^^;)
しかし乗り換えのバスまでは、まだ時間があるし…そんなワケで「竜渓洞」へ行ってみる事に。

要予約とあったが、だめもとで向かおうとするも、場所が分からずorz
役場で尋ねたところ、ガイドを呼んでくれた\(^^)/
そもそもガイド無しには入れない場所なのでした(笑)竜渓洞は、熔岩隧道と言う国の天然記念物だったのです!

運良く捉まってくれたガイドさんのお蔭で、思わぬ貴重な体験をする事に♪
ここに住む生物も大変珍しいそうで、「コムカデ」「キョウト・メクラ・ヨコエビ」を見る事が出来ました。陽が当たらない為、目は退化し真っ白で、大きさもせいぜい2〜3ミリの小さな生物でした。

■境港行きの生活バスに乗り遅れる
070711_yatkaと言うのは正確ではありません。島内交通はアバウトと言われ、30分前からバス停で待ってたんですから!

続きを読む "「天コケツアー4」旅行記5…蛇足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

「天コケツアー4」旅行記4…蛇足

■竹野屋旅館
一夜明けて…
朝食で出された味噌汁に、三人声を揃えて「あ。しじみ汁♪」
念願叶って良かった。良かった。

■出雲大社
070710_izmo1朝はパワーがいっぱい。と、ゆかりんが言うので、散歩かたがた大社詣で。
その荘厳な佇まいには、ただただ圧倒されるのみ。
天気はすっかり雨模様だったけど、やはり気持ち良いですね♪

宿をチェックアウトして、再び大社へ。
宝物殿を見学し、映画「天然コケッコー」ヒット祈願のご祈祷をして頂きました。
なんたって八百万の神々が集結する出雲大社ですから、ヒット間違いなしでしょう(笑)

■古代出雲歴史博物館
070710_izmo2噂に違わず見応え充分。
ロケーションも素晴らしい。

たたら踏み体験でアシタカ気分を味わい、おびただしい数の銅鐸や大刀に唖然とし、平成8年まで現役だったという鉄ちゃんも喜びそうな一畑電車と、北松江駅改札口の一部展示にはしゃいだりしたけど、やはり一番は出雲大社本殿1/10模型かな。迫力でした♪

続きを読む "「天コケツアー4」旅行記4…蛇足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

「天コケツアー4」旅行記3…蛇足

今日からは「天コケツアー」ではなく、おまけの旅。
折角なので、ついでに出雲・松江を巡ってみようと…(だが気分は「出雲のミコトストーリー」 byくらもちふさこ)
で、本日は松江──都会でした;;

■八重垣神社
070709_matue1やる事はあれだよ。鏡の池で占い(笑)
映画「天コケ」ヒット祈願と、くらもち先生とのご縁末永く…と願った私の占い用紙が、一番最初に沈みました。
ヒット間違いなし!笑

なんでも、15分以内に沈むと良いそうなのだが、他二名のは全く沈む気配ナシ(^^;)
リミットも過ぎ、さて帰るか…と奥にある祠に手を合わせ振り向いたら、あられさんのが沈んでた(爆)

で、ホントにいたよ!イモリ♪
ところで、おみくじ買うの忘れてた_| ̄|○

■ぐるっと松江堀川めぐり
070709_matue2これは、石正美術館の神氏に奨められて。
楽しかったです♪すっごく。橋の下スレスレをくぐったり(^^)
けど…しじみの味噌汁付いてなかった。orz(神さんの嘘つき!)
しじみ付は、ワンランク上の屋形船(隅田川でやってる様なヤツ)ではないかと推測。

■駅前のそば屋で昼食
もちろん割子。

続きを読む "「天コケツアー4」旅行記3…蛇足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

「天コケツアー4」旅行記2

■再び石正美術館にて「天然コケッコー展」鑑賞
070708_iwami1浜田在住のhanaさんと合流。
映画を見たので、今度はしっかり見学出来ました(笑)美術館の廊下が、そのまま学校の廊下って感じになってるんですね。で、正面が教室で、左のティールームが給食室♪

070708_iwami2教室には黒板があって、そこには数年前くらもち先生が描かれたそよちゃんと、その手にトマト。これが某隊員が先生に描かせたという、伝説のトマトか(爆)
それから、まやこ先生のイラスト。そしてなんと!昨日、美術館を訪れた夏帆ちゃん直筆メッセージと、山下監督の自画像(似てるし:笑)が書き加えてありました。(&そよ(夏帆)ちゃんの学級日誌

■三隅神社(神楽ロケ)
070708_iwami4到着したら、観光協会主催・ロケ地ツアーのバスがいました(笑)

ここで神楽を見たいなぁ。
皆で、映画『天然コケッコー』ヒット祈願をしました。

■豚肉レストラン「ケンボロー」
昼食に冷しゃぶを食べました。ウマー♪
こじゃれた店で、決して安くはありませんが、首都圏でこの味を求めたら、このお値段(2千円前後?)では食べられないかと思います。

続きを読む "「天コケツアー4」旅行記2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天コケ試写見ました

昨日朝4時半起きして、ハイテンションのまま島根の浜田入り。待ち焦がれていた「天然コケッコー」の試写を見ました。
レポはまた後日しますが…

すっげー良かったです(^O^)
拍手!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

「天コケツアー4」旅行記1

070707_iwami私は3回目からの参加ですが、もう4回になるんですね。
(←この日はカメラを持って出るのを忘れたので、日付が違ってます;;)

■AM6:30羽田集合
Pさん・AYAKOさん・あられさん・ゆかりんと共に、関東組は広島へ旅立ちました。「視界不良により福岡に着陸する場合もあり」の案内に怯えながら(^^;)

■広島空港にて
トウカさん・えりさんと合流。
P隊長の運転するレンタカーと、トウカさんの自車とで、一路、島根県は浜田市へ。(トウカさん談によると、隊長かなり飛ばしてたのね:笑)

■浜田駅にて
夏帆ちゃんファンの女雅さんと合流。
お若い男性が、オバちゃん達に囲まれビビったと思います(^^;) 夏帆ちゃんの情報ありがとね♪

■「天然コケッコー展」が行われている石正美術館
伝説の晴れ女もんぷち母娘と合流。そしてその伝説は更に語り継がれる事に…(笑)

展示物は見たいが、映画を見てない私にはネタバレになるので、なるべく見ない様にしてました。(^^;)
丁度、集英社の方がいらしてて、少し談笑後、集合写真を撮って頂きました。
売店では、自分への土産に和紙で出来た石見ねこ(にゃんこにそっくり)の置物と、ストラップを購入。

■石央文化ホール前にて
浜田在住のえがちゃんと合流。
待ち合わせに遅れてスミマセン。マグソ饅頭(利休饅頭の事)皆で頂きました。美味しかったです♪

同ホールで、映画「天然コケッコー」試写。
の前に、山下監督、夏帆ちゃん、岡田君、小川Pによる舞台挨拶。そして座談会形式のインタビュー。
夏帆ちゃんも、岡田君も、好感度大♪可愛かったなぁ(*^^*)
が、部屋に入ってきた蝉にスプレーはいかんでしょ。そんな虫嫌いなとこまで大沢君じゃなくても…ねぇ(^^;)

肝心の映画はとっても良かったんですけど、場内寒くて凍え死ぬかと思いました←ひとこと言いたかったらしい;;
映画の感想は→こちら

出口で再び集英社の方とバッタリ。
「増補版(天然コケッコーの散歩路の事)出させて貰います」
「既に(通常版)持ってるけど、買わせて頂きます」
「有難うございます。神様です(笑)」
などのやり取りの後、こちらでも記念撮影。すぐに、くらもち先生に送るのだと言っておられました(^^)

続きを読む "「天コケツアー4」旅行記1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

魅惑のファーミネーター

ダンナが、おパチンコで儲けたので、以前から狙ってた「ファーミーネーター」を買って貰った。わーい\(^^)/

まぁ犬猫用のグルーミングツールなんだけど、なにせ高価!(一番安いホムセンで買っても4,980円)
だけど…

すっごい!

さすがに宣伝ほどには取れなかったけど、小さめの毛玉ボール一個くらいは出来るかな?
使った感想たるや、まさに↓な感じ

YouTube - ファーミネーター(FURminator)、その驚くべき威力!

もう大笑いさ♪

で、カシムは…
じっとはしてないけど、ゴロゴロ言ってたから、たぶん気持ちいいんだと思う(^^;)
しかし鼻が・・・痒い(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

お試しセット

070704_cassim同居猫に「魚肉ソーセージなんて、いらにゃい」と言われました。orz

そう言えばカシム、夕食が刺身だった時も知らんぷりだった(^^;) すっかりドライフードが御馳走か?

ホムセンで、ヒルズのSD「インドアキャット お試しセット」に釣られました(笑)ウチの猫、ヒルズ食わないのに(^^;)
だって…

・インドアキャット75g×4袋
・猫柄の小物入れ(←釣られたN耳)
・ネズミのおもちゃ(←まるで無視の猫)

で、298円って安くね?
まぁ「キトン」は好きじゃなかったけど「インドアキャット」は食べるかも?だし、もしダメでも、他のとMixすれば騙されるっしょ。たぶん(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

当たった!

わーい\(^^)/
映画 「天然コケッコー(くらもちふさこ原作)」の舞台で、ロケも行われた島根県浜田市の試写会に当たりました。

通知が来るまでは夜も眠れず・・・ってのは冗談だけど、自己PRした甲斐はあったかな?(笑)
当日は、山下監督や主演の夏帆ちゃん、岡田君らもいらっしゃる様です。
そんなワケで、今週の土曜日から島根へ行って参ります♪

石見地方でロケ地巡りをした後は、かねてより憧れの地だった出雲と、松江辺りを観光する予定です。
↑のつもりで買って置いたガイド本を目にした夫。

「松江出雲(まつえいずも)・・・って誰?」

どんだけぇ〜?
ったく!とんだ「天然ボケッコー」だよ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »