« 好調「純情きらり」 | トップページ | どうでも一句。 »

2006年9月22日 (金)

なんか来たぞ!

060922_cassim1

ねぇ。ねぇ。ナニ見てるの?

フェリシモ。



060922_cassim2

オイラにも見せて。

いいけど、邪魔しないでね。



060922_cassim3

オイラが捲ってあげる。



060922_cassim4

・・・・・。

(見てるのか?それ)



060922_cassim5

・・・・・zzz。

結局、邪魔された。(-_-;)

|

« 好調「純情きらり」 | トップページ | どうでも一句。 »

にゃんことか…」カテゴリの記事

コメント

ぎゃー。
外に出てきたのねー。
はやくさわりてぇ~。
え~っと、10月になっちゃう。
お菓子夢くん、まっててねー。

投稿: るー(chamamada) | 2006年9月22日 (金) 16:57

カシム?
絶対モン太が良い!!
ところでN耳は毛布にくるまっているの?
(あ)の足の勝ち!!

投稿: G3 | 2006年9月22日 (金) 17:23

#るーさん
悪戯を覚えました(^^;)

さわりたいでしょー!ふわふわよ(*^^*)
噛むけど(^^;)(ただ今、躾け中)
10月だと、もっと大きくなってるかな。

#G3
なぜにモン太?

>(あ)の足の勝ち!!
そりゃ流石に生足をさらけ出すわけには…笑

投稿: N耳(管理人) | 2006年9月22日 (金) 19:26

え?
ふぇりしも見るんだ!N耳さん!
いが~い(笑)

2歳児とおんなじだね(笑)

投稿: ♪やまひろ♪ | 2006年9月24日 (日) 20:47

#やまひろさん
どんなとこが意外?<フェリシモ
コレクションはせずに(フェリシモなのに;;)
単発買いが殆どですけどね。

投稿: N耳(管理人) | 2006年9月25日 (月) 15:39

だってラブリーだもん<フェリシモ
そうかN耳さまってば
ラブリーだったんだ!
知らない一面を発見!
実はあたしもラブリー派で
フェリシモ単発買い推進派(笑)
でも近頃買ってない。。。
箱が可愛くなくなっちゃったんだって?

投稿: ♪やまひろ♪ | 2006年9月30日 (土) 21:27

#やまひろさん
あのカタログって見てるだけで楽しくありません?

箱って鳥の絵とかプリントしてあったやつ?
変わってから結構経ちますよ。確かに可愛くなくなったかも(^^;)

投稿: N耳(管理人) | 2006年10月 1日 (日) 22:34

可愛いかも!
しかし一度はまると
抜け出せなくなるからな。
↑なんか族みたいだな
根性焼きしたらやめられるとか(笑)
すべてが一つずつ選べるといいのに。
昔ワンピでキューティーハニーなのが
来ちゃって、しょうがなく着たけどさ。
↑昔は無いスバディ(笑)

投稿: ♪やまひろ♪ | 2006年10月 2日 (月) 16:08

#やまひろさん
確かに抜け出せなくなりますな(爆)

しかし何が届くか分からないって、ある意味ギャンブルですよね;;
そのキューティーハニーなやまひろさん、ぜひ見たいわ!

投稿: N耳(管理人) | 2006年10月 3日 (火) 13:48

>結局、邪魔された。(-_-;)
否!
「乗ってくださった」と言うべきです!!

犬にとっては飼い主は「主人」ですが
猫にとっての飼い主は「下僕」なのです!

ウチなんかもー抱っこでさえ5秒で限界orz
ヒザに乗ってくれるなんてありえねー(TT)。。
N耳姐さん羨ましすぎ。

投稿: えり | 2006年10月11日 (水) 03:18

#えりさん
そうか。下僕なのか・・・。
どうりでN耳苛め(人を攻撃対象にする)をすると思った(涙)

>ヒザに乗ってくれるなんてありえねー
たとえ下僕でも感謝しないとイケナイのね;;
親がタナギってゆーのかな?人に懐かない猫(一応飼い猫なのに;;)で、隠れて産んでて懐くかかなり不安だったんですが
猫歴ん十年(笑)の友人が「だったら早く連れて来た方がいい」と言うので、決行しました。数日は「フ〜ッ!」と威嚇されっぱなしでしたが、近頃は後追いしたり、上に乗ったりするので、反抗的でもつい甘くなってしまいます(^^;)

猫って奴ぁ_| ̄|○
ああ…やはり私はツンデレ属性に弱いらしい;;

投稿: N耳(管理人) | 2006年10月11日 (水) 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/11994366

この記事へのトラックバック一覧です: なんか来たぞ!:

« 好調「純情きらり」 | トップページ | どうでも一句。 »