« パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト | トップページ | ぃよ!せたがや〜っ »

2006年8月16日 (水)

ゲド戦記

なんか既視感・・・だけど、これは宮崎駿ではない。
そんな感じ。
とりあえず、ゲドでは泣けませんでした。

私的には「可もなく不可もなく」と言ったところでしょうか。
つまらないとは言わないけれど、面白いわけでもない…(^^;)
いつものワクワク感が無く、全体的にダークな仕上がりなので、ファミリーでの鑑賞はオススメしません。

これは似て非なるもの。キャラクターデザインが別ものだったら、また違った感想を持ったのでしょうか?
比較は必至。それでも敢えて挑んだ吾朗氏の姿勢は評価したいと思います(逃げちゃダメだ:笑)
二作目(あれば)に期待!

声に関しては…
ハイタカ役の文太さんは流石。ユーモラスな釜爺とは打って変わった渋い演技。
アレン役の岡田君も違和感なくて結構良かった。(つーか、こんな声だったのね)
性別が謎だったクモさんも、それを狙ったなら田中裕子さんでOKかと。で、変態した姿ってば「ま..魔毛狂介?」(・・;)
他の主要キャストの方は・・・・。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト | トップページ | ぃよ!せたがや〜っ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

結局まだ感想を書き込んでいません。
暗すぎです。
メッセージ色も出しすぎ。
ゲドを主人公にして描いた方が良かったかも。なんて思ってます。
声はみんな良かった。

投稿: AYAKO | 2006年8月20日 (日) 22:06

宮崎駿の作品ではないと思えば、そうつまんなかった
わけでもないけどね。
ただ、駿キャラを使っている分、違う作品だと
思えといわれてもかなり無理だけど。

でも、吾郎さんが悪いんじゃないですね。
鈴木プロデューサーの判断誤りと、宮崎駿が
意地を張りすぎたのが原因でしょう。

本来、原作自体がああいう話だったので原作に
こだわりすぎたばっかりにストーリーの
構成を誤ったかな~って感じ。

中途半端なジブリを見せられちゃったので、
ちゃんとしたのを見たくなって、ハウルを借りてきて
見ました。公開当時、宮崎作品No1!と豪語
してしまったので恐る恐る(笑)だったのですが
自分の判断は誤っていなかったのを確信。
暫くして見直すと、また違った解釈が出来て
面白かったですね。

ハウルは原作をかなりアレンジしてあるんだけど
こっちは映画を原作者は絶賛してましたね。

投稿: P | 2006年8月21日 (月) 10:31

#AYAKOさん
パンフ読んで「なるほど」と思う事はあるんですが
やっぱり暗いですよね(^^;)
似た様なテイストの「もののけ」だって、これほどじゃなかったもの。
AYAKOさんの戸惑いが、なんか分かりました(笑)

#Pさん
>中途半端なジブリ

まさにソレだ!
駿キャラを使うべきか否か。使うからには…なんですよね(^^;)
いっそ全く別キャラだったら、私は楽しめたかも?嫌いな話じゃなさそうだし。

「指輪」も「ナルニア」も「ハリー」も原作読みたいと思わなかったのに、これは読んでみようかと思ったもの(笑)
原作自体がああいう話…って聞いて尚更。

ハウルは持ってるからいつでも見れるも〜ん♪
って、逆にゲドの前に見ちゃったから、それが仇で余計に暗くて半端に思えたのかも?
いつもは龍ってだけでワクワクなのになぁ..._| ̄|○

投稿: N耳(管理人) | 2006年8月21日 (月) 13:53

#Pさん
言い忘れましたが
私はこの後、無性に1stルパンが見たくなりました。
絶対にマモーのせいだ!爆

投稿: N耳(管理人) | 2006年8月21日 (月) 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/11491323

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

» ゲド戦記 06年165本目 [猫姫じゃ]
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱり、お子様...... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 15:55

« パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト | トップページ | ぃよ!せたがや〜っ »