« ハチミツとクローバー | トップページ | ちょっと寝不足 »

2006年7月31日 (月)

天然コケッコーとリンダリンダ

『天然コケッコー』映画化の不安を払拭する為にも早く観たかった、山下敦弘監督の『リンダリンダリンダ』実は映画化を知る前からレンタ待ち。(脚本の渡辺あやさんが携わった『メゾン・ド・ヒミコ』『ジョゼと虎と魚たち』『約三十の嘘』は観とります)
たまには別のビデオ屋に行ってみるもんだ(笑)
あっちで取扱いのなかった『ニライカナイからの手紙』もあったしね。こっちの蒼井優ちゃんも良い!八重山サイコー♪

じゃなくて、話を戻します。
これ『スウィングガールズ』のすぐ後だった事もあって、それのロック版?と勝手に思い込んでたんですが、ある意味『スウィングG』とは全く対極にある様な作品でした。
あんな風に突き抜けた明るさがあって、カタルシスを得られる様な青春王道的娯楽作品ではありません。なので、それらが無いと満足出来ない人には不向きかも?(^^;)

にもかかわらず、かなりの高評価。
淡々とした日常。リアリティ──そうなの?それが良いの?これで良いの?
だったら、まんま『天コケ』じゃん♪

なんてゆーかね、映画を“観てる”じゃなくて、まるで自分もそこ(映画の中に)にいる様な錯覚に陥ったですよ。
観始めてすぐ「ヤバッ!これ寝ちゃうかも?」とかチョット思ったのもホントだけど(^^;)
それくらい淡々として、ゆるくて、ちと暗い(←ストーリーがではなく)でも面白かった。なぜか一回目より、二回目の方がそう感じました。
つまり楽しむには慣れが要るのか??

って事で、不安は解消されました(笑)
商業主義な映画にはならなさそうだし、確かに現時点に於いては、ベターな組み合わせと言えそうです。
これは良作期待出来るかも♪

あとは、あの“ほのぼの感”や、石見地方の自然の美しさが詰まった天コケワールドが、スクリーンに展開される様を信じて待つのみ。
でもって、大ヒット──が興行的には望ましいのでしょうが、私的には地味に長く愛される作品であって欲しい…と、思ったり思わなかったり…(^^;)

|

« ハチミツとクローバー | トップページ | ちょっと寝不足 »

*天然コケッコー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/11166811

この記事へのトラックバック一覧です: 天然コケッコーとリンダリンダ:

« ハチミツとクローバー | トップページ | ちょっと寝不足 »