« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

天然コケッコーとリンダリンダ

『天然コケッコー』映画化の不安を払拭する為にも早く観たかった、山下敦弘監督の『リンダリンダリンダ』実は映画化を知る前からレンタ待ち。(脚本の渡辺あやさんが携わった『メゾン・ド・ヒミコ』『ジョゼと虎と魚たち』『約三十の嘘』は観とります)
たまには別のビデオ屋に行ってみるもんだ(笑)
あっちで取扱いのなかった『ニライカナイからの手紙』もあったしね。こっちの蒼井優ちゃんも良い!八重山サイコー♪

じゃなくて、話を戻します。
これ『スウィングガールズ』のすぐ後だった事もあって、それのロック版?と勝手に思い込んでたんですが、ある意味『スウィングG』とは全く対極にある様な作品でした。
あんな風に突き抜けた明るさがあって、カタルシスを得られる様な青春王道的娯楽作品ではありません。なので、それらが無いと満足出来ない人には不向きかも?(^^;)

にもかかわらず、かなりの高評価。
淡々とした日常。リアリティ──そうなの?それが良いの?これで良いの?
だったら、まんま『天コケ』じゃん♪

なんてゆーかね、映画を“観てる”じゃなくて、まるで自分もそこ(映画の中に)にいる様な錯覚に陥ったですよ。
観始めてすぐ「ヤバッ!これ寝ちゃうかも?」とかチョット思ったのもホントだけど(^^;)
それくらい淡々として、ゆるくて、ちと暗い(←ストーリーがではなく)でも面白かった。なぜか一回目より、二回目の方がそう感じました。
つまり楽しむには慣れが要るのか??

って事で、不安は解消されました(笑)
商業主義な映画にはならなさそうだし、確かに現時点に於いては、ベターな組み合わせと言えそうです。
これは良作期待出来るかも♪

あとは、あの“ほのぼの感”や、石見地方の自然の美しさが詰まった天コケワールドが、スクリーンに展開される様を信じて待つのみ。
でもって、大ヒット──が興行的には望ましいのでしょうが、私的には地味に長く愛される作品であって欲しい…と、思ったり思わなかったり…(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

ハチミツとクローバー

かくかくしかじかの理由(どんなだ?)で、ひとりで『ハチクロ』鑑賞して来ました。(普段ひとりで映画を観ない人)
「う〜ん青春だ!」
海に向かって青春バカヤロー!は、今でも健在ですか?(笑)

原作がとても人気なのは知っていたのですが、漫画もアニメも殆ど見てません。「全員片思い」そして、こんなお話だったんですね。
何しろ初めて原作に触れたのが「はぐ重傷!再起不能か?」の、とんでも展開の回だったものですから…(^^;)
本誌解説による登場人物の多さにも閉口でしたが、映画のお陰で相関関係も大体わかりました♪

で、良かったです。
思い入れがない為かもしれませんが、各キャラのイメージも合っていた様に思います。
不思議系天才少女はぐみ役の蒼井優、良いですねぇ。綿菓子みたいにふわふわしてて、笑顔がイイ。
誰よりも不敏で仕方なかった竹本が、最後に想いを告げるシーン…あの時見せた笑顔に、竹本も私も救われた感じ(笑)

「片思いも悪くない」そんな風に思える映画ですね。
映像も音楽も良かった。見ようと思った動機が音楽だったりもするので(^^;)
やはりピアノ曲が美しく印象的でした♪

ちなみに、iTMS↓で、サントラ試聴出来ます。
『ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック/菅野よう子』

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

勝手に天然コケッコー

ほぼ原作通りの展開(前日のログ参照)という事で、劇場版『天然コケッコー』を手前勝手に夢想中(笑)
原作はコミック版で全14巻。これを2時間とは些か無理があるので、中学編までかな。

その際「性格の良い(原題は“良い”が天地逆)大沢君」ではなく、Scene1「そよ風の誘惑」からでも良い気がします。
というのも、私がコーラス(天コケ掲載誌)を読み出したのは月刊化からで、コミックを読むまで「性格の良い〜」の存在を知らず、Scene1「そよ風の誘惑」を第1話だと思って読んでいたから。けど違和感は無かったです。

なので、コッコ(にわとり)でinしつつ、いきなりScene1「神社で、ちゅー」でも問題ないかと(この時点では芽生え程度、卒業前の“スキ”をする「お祝いちゅー」とは違う。更にどっちも“あっちゃん”に目撃されてるし:笑)この時の回想で「性格の良い〜」を挟むのはありか。

ロケが夏休みと秋って事で「海」や「神楽」のシーンは是非見たい。やはり三隅の良さを出す為にも、この二つは外せないですものね。
それらを念頭に「タヌキ」やら「修学旅行」やら「シゲの事故」「運動会」など、数々のエピの中から苦汁の取捨選択。

で、受験&卒業へ向けて…。
そよ、ボタン付けで泣き落とし(笑)→さっちゃんのジュース屋さん→スキをする→卒業→コッコでEND。

てな感じ。
・・・・ごめんなさい;;もうしません。_| ̄|○
あっでも、なんか楽しみになってきたかも(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

天然コケッコー映画化に思う事

だいぶ落ち着きました(笑)
大沢君の言葉(天然コケッコー/Scene10「聖バレンタイン」より)じゃないけど
「なんか いろんなこと あったんだろうなって」

↓皆様も天コケワールドに浸ってみませんか。
■石見な風景
う〜ん。やはり良いですねぇ(*^^*)

↓取壊しが決まっているそうです。
・石見な風景 | 廃校にて
・石見な風景 | 廃校の庭で……

こんな風景がフィルムで残せるなら、映画化も悪くないな…と思いました。
私も木造校舎は小学校で1年間、木造講堂(体育館とは言ってなかった)も小・中学で経験済なので、わかるんです。
なんとなく・・・。

さて「中国新聞地域ニュース」(情報提供:えりさん)によると、ほぼ原作通りの展開らしい。
「主人公の少女と東京から来た転校生が恋に陥るストーリー」と、一行でくくられちゃうと少しアレなんですが(^^;)
まぁ手っ取早く言えばそうなのだけど、それを取り巻く環境とか、空気感とか…とにかく「読んで!」としか(笑)映画はまだ完成してないんだしね。

って、今気づいた。ちゃんと、きむ中の制服着てる♪
で、おさげ(←重要アイテム)にはするんですよねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

DEATH NOTE -デスノート-

前編、見てきました。

原作=漫画だし覚悟はしてましたが、冒頭の「怪獣映画か!」な演出に、初っぱなから白けて鬱。(監督:金子修介でした)
『ダ・ヴィンチ・コード』だと寝そう(ダンナが;)だったので、こっちにしたけど、せめて『MI3』にすべきだったかと心底後悔しました..._| ̄|○
まぁ徐々に入り込んでいけましたが;;

とにかく脇が酷かった。
ベテランの方々もチョット・・・“大人が子供の遊びに付き合ってる”みたいな感じで、なんか浮いてました(^^;)
そのぶんと言ったら何ですが、若手が頑張っていたと思います。

ライトが知的でクールなキャラでなくイメージ違うんですが、藤原竜也の演技と、声がイイので許す(笑)
しかしライト、最低だな。

松山ケンイチの“なりきりL”は、良かったとオモ。
かなり研究したんでしょうねぇ。ただ…小腹が減ってる時や、甘党の人は要注意!見終わった後、甘い物が食べたくなります(笑)

そして最も不安だった死神リューク。これが意外にも良かった♪
中村獅童(声)って、器用な人ですね(^^;)
林檎禁断症状でねじれたり、逆立ちしする姿を見たかったけど、表情とか可愛かったし(N耳さんの感覚だと、アレで可愛いらしい)L側のパソコン・Macだったから、及第点とするか!

って、ちょっとちょっとN耳さん
アナタ観点ズレてますから、絶対!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

『天然コケッコー』が映画化!

連休で疎開組が来ていた為ネット落ちしていたら、とんでもない事態になっていた(@_@)

このところ少女漫画原作の実写化・アニメ化がラッシュ状態ですが、いよいよ真打登場か?
遂に、くらもち作品が初映画化されるらしいです。

実はこれ、ファン的に重大なんです。
くらもちさんは、その作家性や作品の評価が高い割に一般的認知度が低いのは、今までこうしたメディア化が無かった為かと思います。もっとも、相当なオファーはあった筈なんですが…。

この、前代未聞と言っても過言ではないニュースに、自分も含め戸惑いを感じるファンの方も多かろうと思います。実際、まだ巡回先を回り切れてません(^^;)
特に『天然コケッコー(右サイドバー参照)』といえば、くらもちファンの間でも、人気・評価ともに高い作品ですから。

これまで手垢が付かずに来れた事が奇跡にも思える聖域(言わずもがな、くらもち作品の事)に手を付けるわけですから、監督その他の方々の責任はさぞや重い事でしょう!
自分的にも複雑です。素直には喜べないというか(同監督の『リンダ リンダ リンダ』レンタ待ちで未見な事が、いっそう不安に拍車をかける;;)まぁ、アニメ化よりは実写化で良かった…とは思っているのですが。

せめて駄作にはしないで下さい!お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月16日 (日)

私の頭の中の消しゴム

夫「どっち?」

妻「いいよ、吹き替えでも。けど変だったら字幕ね!」

やばっ!三木さんだわ、これ;;
結局そのまま見ちゃいました(^^;)

私の頭の中の消しゴムこれは役者の勝利でしょうか。チョン・ウソンのワイルドさ加減に参りました。巧いっス!
この人、目で演技しますね。

『永遠の片想い』に続き、ソン・イェジンも良かったです。(『ラブストーリー』では、さほど印象に残る女優さんじゃなかったんだけどなぁ?自分的に)

この二人、ラブラブなシーンでもバカップルに見えないのはナゼなんだーーっ!
こうなったら『四月の雪』も観るぞ。共演相手によってどう違うかとっても気になる。

ストーリーは端的に言って、新婚早々アルツハイマーを宣告されてしまった妻と、その夫の愛を描いたもの。
が、二人の出会い→恋愛部分が長く、伏線はあるもののアルツハイマー発症までに時間が掛かった為、違うの見ちゃったかな?と、一時不安に…(^^;)
美しく描かれてますが、考えさせられる映画でした。

で、鑑賞後に夫婦で交した会話↓

続きを読む "私の頭の中の消しゴム"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

かね、唖然。

桜子GJ!
そうか。八丁味噌って水分が少なくて日持ちするのね。
(実は苦手です八丁味噌(^^;)白味噌が好きなの。けど、田楽は八丁味噌かな♪)

そして別れのコンチェルト。
達彦さん、行っちゃヤダーーー!(T▽T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

ルーツを知る

本日、niftyからハピバのメッセージカードが届いた。
あり難いけど、そんな気遣いよりココログを何とかしろ!こんなに浮気しないユーザーなんて珍しいゾ!(KDDIの勧誘断りまくり。DION指定なのが気にくわん!)

ぅん十年前、台風で停電の中、N耳は生まれたらしい。
なんだかスゲー自分の出生に、興味半分で19xx年7月13日が何曜日であったかを調べた事がある。



13日の金曜日だった..._| ̄|○



とゆー事で不吉な日に、この世に生を受けたN耳ですが(笑)先日、やはり同じ日に生まれたらしい方(金曜ではない)が

ラッキーセブンの「7」と、不吉と言われてる「13」の組み合わせに生まれるなんて、逆にスゴイ。

みたいな事を書いてたんですよ、ネットで。
なるほど、そんな考え方もあったか…と、今更目ウロコ。
そういや日本の新暦では、今日は盆の入りですね。ここ埼玉は月遅れでしますけど。

で、思った「これが自分のルーツだったのか」と。大げさですが;;
どうりで両極なものを好んだりするワケだ!納得いった(爆)

「例えば白と黒が好き」とか「ブルーとイエロー(補色関係にあります)が好き」とか…。
他にも色々あります。「教会の雰囲気も好きだけど、神社仏閣を巡るのも好き」とか「輸入住宅に住んでるけど、純和風も好き」とか、好みの男性(二次元含む:笑)のタイプとか等々…。

一貫性がないのが、自分でもずっと不思議で仕方なったんですが、案外「713」ってのが理由だったのかも?まぁ単に「無い物ねだり」だったら誰にでもあるでしょうけど。

何はともあれ、今年も元気に迎えられました(^^)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

お〜き〜な〜わ〜フォー!

060712_spamスパムはスパムでも、こっちの「SPAM」なら大歓迎。
沖縄とか海外でコイツが安いと、つい買って来てしまう馬鹿者です(^^;) こっちで買うと結構高いんだもん;;

ゴーヤーチャンプルーは、やっぱコレじゃないとイカン!
と、晩のおかずが↑だった明くる日の「いい旅夢気分」が八重山(沖縄)だった。

ああーーっ!アソコもソコも知ってるよぉ〜。

愛しの海が…マンタ様が…。
愛しのパイナップルが…島マンゴーが…。
愛しのもずくが…カマボコが…。
愛しの黒糖アイスが…塩せんべいが…。(以下延々)

八重山行きてぇ〜〜(T▽T)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

初号機

老○鏡ゲ〜〜〜〜ット!
(↑認めたくないものだな)



泣。



先日、友人が来た折に
「最近、頭痛薬を飲む事が多いんだよねぇ」と、言ったら

「目から来るらしいよ、これで肩凝りも頭痛も“ピタッ”と治まる事も多いんだって」「はい!」
と、おもむろにバッグから老○鏡(←どうしても書きたくないらしい)を取り出した。

「でも私、左目は眼内レンズで焦点固定だから関係ないと思っ」




・・・あれ?




・・・あれ?



・・・あれ?



そんなワケで本日、友人が一番弱い老○鏡(←もういい加減諦めろ;;)を買って来てくれました。m(_ _)m

ちょっと、ちょっと奥さん。100円よ、100円♪
こんなもんまで売ってるのね、ダ○ソーって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

桜子に学ぶ

良いお返事と笑顔は気持ちイイ。
(こそっと移動;;)

マチルダさ〜〜〜〜ん!
(意味不明。単に言いたかっただけ;;)
いや、朝から戸田さんのハイテンションな演技見てると、なんか元気が出るよなぁ…て(笑)

にしても出番少なかったな、達彦坊ちゃん(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

貧窮貴公子

山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~ DVD-BOX森永あい原作の漫画『山田太郎ものがたり』を台湾でドラマ化したもの。

F4のメンバーが二人出演してますが、台湾タイトル『貧窮貴公子』が示す通り貧乏物語で『花より男子』とは両極の役ですね。
う〜ん(-_-;)私はやはり、明るく健気な貧乏人より、切なく憂えがちな花沢物産の御曹司の方がイイです(笑)

それとコメディだけに、原作を知る弊害が…。
初見の夫はそれなりに笑えた様ですが、私にはそういう楽しみ方は出来ませんでした。何しろ一番面白かったのがNG集でしたもん(^^;)
原作では腹がよじれるほど笑ったんですけどね。

とは言え原作にはかなり忠実だし、頑張って作ってるし、充分面白いかと思います。
さすがに「エヴァコス」は無理でしたけど(笑)
そもそも日本に於いての山田太郎とは…とか、桜井健の弟妹が左門豊作と瓜だとか、そんな事ぁ台湾民にとっちゃ、どーでもイイ事ですもんね;;(でもヴィック君のぴちぴちプラグスーツ姿、ちょっと見てみたかったかも?笑)

しかし、ヴィック君。本来はこんな風に表情がクルクル変わる、かわいい男の子だったんですね(*^^*)

ところで、台湾版ドラマも良いですが、N耳的にはドラマCD『山田太郎ものがたり』も超オススメです。
豪華CV(山田太郎:千葉進歩、御村託也:関智一、杉浦圭一:緑川光、山田和夫:三木眞一郎、清川元夢・井上喜久子・かかずゆみ他)の方々が弾けまくってて、笑える事請け合いです。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年7月 6日 (木)

もーーまた地震(>_<)

テポドン落ちたんぢゃ?と、不安になってTVつけちゃったよ。
ったく!誰かあの国なんとかして下さい(-_-#)

急ぎの仕事中だったけど、休憩も兼ねてTV見てたら、ダンナがびっこ引き引き帰って来た。(あら、お早いご帰還ね?)

妻「なに?その包帯」

夫「サンダーが飛んできた」
(サンダー=高速回転する円盤で材料を切ったりする電動工具)

妻「ふ〜ん」

夫「お金頂戴」

妻「なんで…って、もしかして病院行くの?そんなに切った?」

夫「うん。血ィぼとぼと…骨が見えた」

妻「ひぃ〜〜〜〜っ!(>_<)」

4針縫ったらしい。
レントゲンの結果、骨には達してなかったそうが「何よりも麻酔の注射が痛かった」と、ダンナ。
なんとも…せっかく眼精疲労&肩凝りに絶えつつ、二日間内職した分が治療費と消えるのね(T▽T)

妻「労災とかになんないの?」

夫「バカヤロ。労災と弁当は自分持ちなんだよ!」

あーー家族従業員って...orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

謎の土産

060703_panda戴きました。
たぶん中国土産なんだと思ふ
「Panda Almond Chocolate」って書いてあるし。

でもこの物体「たぬき」にしか見えないんだけど;;食べても大丈夫・・・なんだよね(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

朝から泣く女

日本にもいたじゃん!学ランの似合う俳優さん。
達彦坊ちゃん(福士誠治くん)ラブvv
NHK連続テレビ小説『純情きらり』の話です。

こんなん見るの何年ぶりだろう?ドラマ自体それ程見ないのに、よりによってNHKの朝ドラですよ(笑)
まぁ途中から(斉藤先生の辺り)ですけど、土曜の午前中、BSでまとめて放送してたのをたまたま。これが結構面白かった♪
以来、毎週見る羽目に…。

ヒロインは将来ジャズピアニストを夢見る、明るく負けず嫌いの女の子。そんな桜子(宮崎あおい)と幼なじみで、ピアノに於いてのライバルでもある達彦(こう書くと、麻子ときしんちゃんみたいですが…)を演じるのが福士くん。
次第に惹かれあう二人は、互いがかけがえのない相手だと気付く。
そこへ赤紙が…(T_T)(これは日本のお約束ですね;;)

続きを読む "朝から泣く女"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »