« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

魔の刻

近所に朝7時半頃になると鳴く犬がいて、我が家ではその犬を「シチジ半に鳴くワンコ→シチジハンコ」と呼んでいる──と、書いた事がある。

お仲間の散歩であるとか、通勤・通学で人が通るとか、まぁそんなところだと思うが、毎朝鳴くわけではない…のがよく分からない。
なので、安眠を妨害される事もあれば、危うく寝過ごすところを助けられた事もある(^^;) つまり…幸と不幸は隣同士・背中合わせ、1セットなのだよ明智君(笑)

だから、ワイルドベリーの実を食べちゃっても気にしな〜い♪(ワイルドベリーが実を付けると幸せを呼ぶが、その実を食べてしまうと幸せが逃げる──とうジンクスがあるのをつい先日ネットで知った)
んな事言われたって、既に散々食べた後(T▽T)

最近気付いたのだが「何か」の知らせは、その“7時半”前後である事が多い。
今朝も7時半に、それを告げる電話が鳴った。シチジハンコも鳴いていた。
重い一日の始まりである。(何かあるのか?7時半──って、単に人が動き出す時間とも推測されるが…)

ちょっと前「なんちゃって五月病」なんて言ってたのが嘘の様な、幸も不幸も一緒くたにやって来た今月後半怒濤の日々。
2006年5月。私はたぶん忘れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

家宝はFFをして待て

マテリアって成長すると家宝になるんですね(違うし)

某方がMSDなら、N耳はFF。
初プレイは、義弟が貸してくれたFF7。いいの、古いけど…って、ヤバ!面白い。
とりあえず自分、RPGもイケそうな事は分かった!たとえ険しくとも、くらもちさんも通った道だ(笑)

実は今日、めっさ嬉しい事がありました。
塩かりんに、きなチョコ黒大豆に、ハガレン(エドよりも“雨の日は無能”なマスタング大佐が好き)と共に、一生の宝物が!

あ〜ん(T▽T)生きてて良かった。
ありがとうございます…ありがとうございます。
そしてこの過分なるご好意を賜わりましたのも、自分の力ではなく、ご助力下さった方々のお陰でございます。心より感謝m(_ _)m

なんのこっちゃ?──ええ、我が家に家宝が出来たってお話です。お宝だから内緒♪また空巣に入られたら困るし(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

良薬は目に美し

060526_roseなんちゃって五月病(笑)を気にかけてか、昨日、るーさんが庭で育てた薔薇と、ケーキを持って尋ねてくれました。

短めのはオアシスに、長めのは花瓶に挿して…と、二つ出来ちゃいました\(^^)/
画像じゃ分からんでしょうが、多種多様(名前憶えてません。許して、るーさん;;)&大輪です♪そして部屋中、高雅な芳香に包まれて…なんて幸せな心もち(*^^*)
今日の雨模様の天気も気になりません!そもそも湿気は少々があった方がよく香るしね。

そんなワケで、ログし出したN耳です(笑)

そう言えば正午に流れてくる曲が、ウェルナーの「野ばら」だったりします。先日、庭作業をしていて気付きました。
前はサイレンだった様な…この時期限定?(謎)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

『獣王星』後半突入

先週(6話)から、トール役がキンキの光一君にバトンタッチ。これが結構違和感ありません、声もイイ。う〜ん(-_-;)やはりサード(小栗旬)が一番浮いてる?

そもそもアニメ版のキャラ設定は、全体的に原作と微妙に違えてる気が…。
なんてゆーか、ストーリーこそ原作を外れてないんだけど、それ以外の部分で“樹さんの魅力”を出せてないとゆーか、むしろハズしまくってる?(^^;)
コミカル部分は一切排除で、キャラの魅力も半減です。特にサード!彼はあんなスカした“いかにも裏あり”ってだけの人物ではなく、確かに謎はあるけど、おちゃらけて、不敵で、でも人望はある、そう…もっと“とっぽい”感じです。

続きを読む "『獣王星』後半突入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

なんつーか

・・・・生きてます(笑)

一週間以上も更新サボって何をしてたかと申しますと、まぁ色々してました(^^;)
FF(ゲーム)デビューしたり、DVD見たり、ちょっと仕事したり、防犯対策したり、フルバ新巻読んだり、庭のワイルドベリー収穫したり、草取りしたり、草取り・・・てな感じでネタが無い事もないのだけど、書く気が起きない。

これはこれで、五月病?
なワケないか...._| ̄|○

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

駅から5分ツアー

060514_ekiくらもちさんハピバ記念で『駅から5分・百恋・駒込スィーツ巡礼の旅(長いし;;)』を遂行して来ただに(^^)/
すると商店街では、ミステリーウォークなるものを開催していた。

なんでも駒込界隈は「名探偵・浅見光彦の住む街」なんだそうだ(北区西ヶ原在住設定)が、当然ながらN耳的には「くらもちタウン」でいかせて頂きます!笑

天気は曇り。雨は免れたものの、駒込駅のつつじは御覧の有り様で、とっくに見頃を終えていた_| ̄|○
気を取り直して改札を出たところで目に飛び込んできたのがコレ。野生子さんが“墓場まっしぐら”だった、あの橋のとこ。

続きを読む "駅から5分ツアー"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

ノラで野良

060511_taueいや、BGMの話(^^;)
ビニールハウスで、iPod…野良作業にも、JAZZは不思議とマッチする(笑)

昨日・今日と、嫁は田植えの手伝い。
苗床に防虫剤(写真)を撒く作業を仰せつかったワケですが・・・
いやはや、こんなところでお会い出来るなんて(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

気になる・・・。

カップヌードルのCM、アニメ好きなら気になりますよね?(宇多田ヒカルの曲で疾走感溢れる『AKIRA』ちっくなヤツ)
どうも、日清と大友克洋のコラボ企画らしい。
そして…

このプロジェクトは30秒・15秒のCM展開だけでなく、1話約30分のアニメーション・シリーズを予定しています(FREEDOM 製作委員会 製作)

とありました。
現在流れているのは「登場篇」、次は「宣言篇」の様です。
詳しくは公式サイト〈FREEDOM PROJECT〉を御覧頂くとして、やはり『AKIRA』路線ですよね、コレ。金田っぽいし(笑)
う〜ん楽しみだ♪

しかし『スチー○ボーイ』なんぞ作っとらんで、最初からこーゆーのやってくれ!って感じです...orz
あっでも、OVAでは人物の3D…もう少し何とかなるんですよね??

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ハットの日

ピザは好き。だけど結構高い(と思いません?)から、いつもハットの日(8・9・10)狙い。
ピザハットでは毎月この3日間、種類限定でテイクアウトが半額になる。それを知って以来、病み付きなのが韓国風プルコギ。
これは旨い!

ウチは二人でLサイズを平らげます(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

台風一家?

_| ̄|○..._| ̄|○..._| ̄|○
本日のN耳↑
静寂を取り戻したら、魂抜けた(笑)

ついでに、人さし指が痛い。
よく考えたら4日、公園でフリスビーを・・・・
軽〜く突き指状態なのか?コレ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

こどもの日

060505_gmra_1淡水魚の水族館へ行って来ました。
う〜ん地味だ(-_-;)つまらん(スマソ)
けど子供には面白かった様だ。ガメラ(←ワニガメの事)と一緒に写真撮れて(笑)

こどもの日に、柏餅ではなく草餅を探し求める一家。
5軒ほどあたる(うち1軒は休み。休むか?ふつー、今日という日に)が、手に入らず・・・_| ̄|○
草餅よいずこ。

落胆して帰宅すると、菖蒲と草餅が届けられた\(^^)/
ウチではアンコ無しに黄な粉を付けていただくのがスタンダードです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

『獣王星』完全版

つい先頃、メロディに掲載された、ザギ主役の番外編『DEATH GAME−デス・ゲーム』が収録されるというので、完全版/3巻のみ購入。
発売日の午前中とゆーのに、既に最後の一冊だった(危ねぇ)それどころか他の巻すら全く無かった…やはりTVアニメ化の影響って凄いのね(^^;)あとジャニ効果か?
『NANA』や『桜蘭ホスト部』は平積みでドド〜ンとあったので、現時点の入手困難度は『獣王星』のが高いでしょうね。

物語はザギの野望事始め。野童の森を出て、白輪のトップになるまでが描かれてます。
カリムが可愛いです。

後書きによると『獣王星』は“ラストありき”な物語だった様です。
となると、あの結末は仕方のないものであって、それはアニメ版でも変わらないのだろう…と思いつつ、それでもやっぱり・・・せめてティズ・・・うっうっ(T▽T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

岡野版『陰陽師』完読

陰陽師 (13)12・13巻、買うだけ買って放置してたのをやっと読みました。やーだって気軽に読めるシロモノじゃないんだもん(^^;)難解で…。
そもそもそーやって長らく放置してたものだから、何故か13巻が2冊?遂にやってしまった2度買い。もぉ末期だ_| ̄|○
けど確か“12巻で完結”って言ってなかった?

しかし原作小説より難解な漫画ってどーよ?
途中までは面白可笑しく読めてたのだけど、原作を離れオリジナル化してからと言うもの、岡野ワールド全開で、後半ワケワカ(^^;)
途中で脱落するのも悔しいので頑張って読み続けてましたが、やはり“理解”という境地には至ってません。
でも何となく分かった──それでイイいいのでは?と思う事にしました(笑)

何たってこの漫画は二次元でありながら、空間や時の流れを感じ取れ、更にはその時空までも跳び越えてしまえる力があるんです。
その世界に身を委ねるだけで心地好い。
とはいえ、古代エジプトまで連れて行って貰えるとは思ってませんでしたが(^^;)

晴明=ツタンカーメン、真葛=アンケセナーメンとしてリンク。
そう言えば『サイボーグ009』でも、乙女モード入ったフランソワーズ(まぁ元々少女ですが)が、ツタンカーメン&アンケセナーメンに、ジョーと自分を重ねちゃうお話、ありましたよね?
これまた“手塚治虫繋がりの縁”と言えなくもない様な??
そもそも『陰陽師』は、手塚治虫文化賞でマンガ大賞も受賞してますしね。

それにしても岡野玲子という人は…。
やはり将来は教祖様?(^^;;;
その前に『妖魅変成夜話』描き上げてってね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »