« マカーの憂鬱 | トップページ | コーラス2月号 »

2006年1月13日 (金)

駅から5分…第3回

今更です。早くしないと新号が…汗;(どうせ新号は、くらもちさん載らないんだけどね;;あーつまらない!)

と、前置きはそんくらいにして…
ああーーーダメだよ!財布拾ったら交番に届けなきゃ、子供なんだからァ(大人もだってば)るりちゃん良い子で良かった。(*^^*)
その前に、駅の通り抜けしてるけどね(笑)

あっ、例の交番……青野さんだ。
やっぱり楽しい人でした。そういや私も子供の頃、近所の交番で遊んで貰った事があったっけ(^^)

おっ!出ましたハウル♪....じゃなくて円城さん(笑)
ちょっと確信持てなかったんですが、やはり“円城さん”と認識してる人が多い様なので、円城さんでおk?
そうして少しずつ集めたピースが、これまたひとつずつ埋まっていくのが何とも楽しいです。
ゲームをプレイしてる時の感覚に、少し似てる?

ところで、あの“長い物”は和弓でしょか?
洋弓はひいた事あるんですが、和弓には触れた事もないので、こちらも確信持てません。ただ“和弓の弓は世界一長いらしい”のと、円城さんの上品さは弓道によるもの?と解釈するなら、こちらも和弓でおk?
おチビのるりちゃんも恋心を抱いてしまうほど魅力的で、フェミニストなところはやっぱりハウル?(笑)

両親のちょっとした勘違いによるものだったとしても“ごっこ”でない本当の幸せを手に入れたなら、るりちゃんの小さな冒険は、大きな成果を上げたわけです。
幸せがずっと続きます様に(^^)

子供の、ほんの1〜2時間?(いなかった事に親は気づいてないし)の出来事であろに、それは本当に密度の濃い、子供目線の“子供時間”で描かれているところが素晴らしい。
子供の頃って確かにそうだったよなぁ──と、自分も冒険してる気分でした。

|

« マカーの憂鬱 | トップページ | コーラス2月号 »

*くらもちふさこさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/8140909

この記事へのトラックバック一覧です: 駅から5分…第3回:

« マカーの憂鬱 | トップページ | コーラス2月号 »