« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

お世話になりました。

年賀状すべり込みセーフ!昨日、夕方投函(汗;)
まず元旦には届かないでしょう…。

毎度ながら切羽詰まるまで何もしない奴ですが、どうか生暖かい目で見守って下さると付け上がる…じゃない、幸いですm(_ _)m

それでは皆様、良いお年を(^-^)/~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

女子フィギュア

凄かった!
世界大会と思って見てても遜色ないかも?

こりゃトリノが楽しみだ♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月23日 (金)

わらしべ長者?

051223_kakiか・・・柿が
どーすんだよ、これ(^^;)

いつも貰ってばかりなので、おでんを作って昼に母屋へ持って行ったら、その日の夕食が寿司に化けた(廻るのだけど)

で、本日は恒例の忘年会。
例の柿やら、野菜やら、まぁ色々引っこ抜いて持参した(参加者は都会人が多いので、こーゆーの結構喜んでくれる♪)
とにかく料理がゴーカ(写真…色悪くてスマソ;;)

そして余興のジャンケンゲーム…参加費1コイン(500円)を見事勝ち抜き、7,500円ゲッツ\(^^)/
ジャンケンで勝つなんて、自分的にあり得ねー!事なので、一生分の運を使い果したかも?
きっと最近の不運続きを見かねて、サンタさんがプレゼントしてくれたのでしょう(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

ICO(イコ)

ICO PlayStation 2 the BestN耳にゲームセンスというものは無い。
とはいえ、乙女ゲーしかプレイして貰えないプレステが気の毒に思えて、私でも出来るモノは無いものか・・・と、Amazonの“N耳さんにおすすめ”をブラウズして見つけたのがコレ。

やたらレビューの評価も高いし、殿堂入りのBest版で低価格(これ重要!)
そういえばトウカさんもBBSで推してた様な?
と、△田のポイントで、まんまと入手!

これはイイです、シンプルで。
ボタン操作も複雑じゃないし、戦闘が苦手でもなんとかなった(笑)
パズルはコツを掴んだら、何となく予想出来る様になったし。まぁチョットは攻略サイトの世話になったけど;;(ダメだな自分…orz)
だって方向音痴はゲームの世界でも一緒なんだもん(涙)

このゲームはBGMすら殆どない。
人のいない廃虚となった古城を吹き抜ける風や、水の音、薪が燃える音が聞こえる程度。
静寂の世界というのは、これほど人を没頭させるものなのか・・・。
何も見逃すまい!聞き漏らすまい!──と感覚は研ぎ澄まされ、必死にヨルダの手を握っている自分(笑)

いやー買って良かった♪
そして人より数時間も余計に掛かって迎えた、感動のエンディング・ムービー・・・の最中に、ダンナが猫(母屋の)連れて帰って来やがった(>_<)
うっかり猫かまってて、衝撃のEDを見逃すとこだったぜ!
えっ?あっ?そんな・・・ダメだよ、ヨルダ!
ヨルダ〜〜〜〜〜ッ!!(T▽T)

2順目、別EDが見れるそうなので、もう一回やろ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

『イヴの眠り/5』吉田秋生

イヴの眠り 5 (5)この巻で終わりだったんですね。
激しい展開に、もしかしたら…と、ドキ・ハラしながら読んでました。
相変わらず死人続出だし(^^;)

正直申しまして読むの辛くなってたとこなんで、終ってくれて良かったです(をぃ)
いやーだって私の中では『YASHA』で完結してたから、静の顔して死鬼(スー・グイ)に出て来られてもねぇ;;
凛は好きだけどコイツは嫌。なのでラスト、巧い使い方してくれて救われた感じです。(で、また泣かされた…orz)

さて、次なる作は?
出来れば『ラヴァーズ・キス』みたいのが読みたいなぁ。けど番外編とか、まだ作れそうだし;;
そん時は、烈をメインに!なんたってシンの息子ですもん♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月19日 (月)

顔パス

理由あって、全く面識の無い従姉妹と逢う事になりました。

こんな時世です。書類にサインしたり、実印をついたりしなきゃいけなかったので、身分証明書を提示し「信用して貰えます?」と初対面の従姉妹。

信用しますとも!だって妹に顔が似てるんだも〜ん♪
実際、ひと目でわかりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

間に合った(^^;)

051213_xmas今年はご近所が派手にやってくれてるので、我が家は地味にしてみました(面倒だったと正直に言う様に!)

しかも、もっと薄暮な時間帯に撮影するつもりだったのが、ゲームに興じてたら辺りはすっかり闇・・・エヘ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

田舎だ・・・。

051211_taこん中のいくつかがウチの田んぼなワケだが、ソレがどこか嫁は何度聞いても覚えられない....orz。

新米、美味しゅう御座いました。m(_ _)m
(今頃、礼かよ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

日なたでお昼寝

051208_dishフェリシモから「トリビュート21プレート」が届きました。
以前、悩みながら取り逃した、くらもちさんイラストのプレートです。また出てよかった(ほっ)

使いたい・・・。
でも、使いたくない・・・。

きっと悩むので、懺悔の意も込めて2枚(笑)
世界平和を願いながら、一枚はマイ・ディッシュとしてありがた〜く使わせて頂きます(^^)

え?フツーは使わないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

アイランド(THE ISLAND)

アイランドDVD返却に行ったら、80円期間中だった(事前に言ってよ;;)
で、新作コーナーに辛うじて一本残ってたのがコレ。

見ていて思ったのは、コレって『輝夜姫/清水玲子』じゃん?
だから途中で、ダンナにネタバレしてやりましたよ(笑)だって先、読めたんだもん!

一部の裕福な人々は、自分のクローンを作り、重病になると彼らから内臓を移植してもらえる…。
(Amazon『アイランド』レビューより抜粋)

ほらね。
もっとも、少女漫画である輝夜姫(かぐやひめ)の設定&ストーリーの方が、断然面白いけど?少なくとも途中までは…。(全27巻で既読は19巻迄だし、なんか途中で方向性違ってる気がして;;)

『輝夜姫』では、臓器を摘出されオリジナルの体内に収まったドナー(クローン)達が、やがて本体の意識を支配し、肉体をも乗っ取っていく様が痛快。
この本体がまた、各国の要人だったりするから、たまらない♪

って『アイランド』の話しでしたね;;
ぶっちゃけ脚本には新鮮味も驚きも感じませんでした。(最新のがこれ?日本原作の漫画やアニメに、ハリウッドが注目なのも分かる気がした)
実際、最初の頃寝そうになったし(^^;)

やはりこの作品の見所は、後半のアクションシーンなのでしょう。さすがに眠気を催す暇もありませんでした。破壊しまくり!
たった二人捕まえるだけで、そこまでするか?(@_@)

でもまぁ無駄に派手で楽しかったです♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 4日 (日)

蟲師

また見逃した…_| ̄|○

朝の4時台になんて放送するもんだから、ビデオ以外無理だし、それもうっかり撮り忘れる。
今回は予約のチャンネル間違えた(T▽T)

とゆー事で、未だお目にかかれてません!
未見のまま終ってしまいそうな悪寒;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

売れてる理由

若者も酔うクラシック「ベスト〜」100万枚突破

だそうです。
クラシックCDでミリオン越えってのは、スゴイ事だったんですねぇ(@_@)

記事によれば、やはり“のだめ効果”が大きかった様で……。
ね、漫画は侮れんのですよ(笑)
こーなったら是が非でも『いつもポケットにショパン』CDを再編して世に出して貰いたいものです。

さて、前にも書きましたが、私はこの『のだめカンタービレ』が『いつもポケットにショパン』(右サイドバー)をリスペクトしている!と思っているので、どちらか一方しか読まれてない方は、これを機に一読される事をオススメします。

ほれ、右サイドバーをポチっとな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

流星花園

『流星花園』DVD見始めました(笑)

「日本版よりイイよ。類、まんま♪」

って言われてたんですが、仰る通り!
F4全員、身長180cmあるし(←これ重要)
でも西門のベスト…あのセンスは嫌!それと髪;;

道明寺も良いです。バカっぽさはあまり出てませんが、その分カッコイイとゆーか……。
ですが、やはり類の人がイイ♪(先に原作読んで類贔屓なN耳)雰囲気あります(*^^*)
そしてプロフィールには、出演作『山田太郎ものがたり』とあった。ホントに日本原作漫画のドラマ化多いのね;;
この甘いマスクだと、やっぱ太郎かな?と思いチョット調べたところ、ピンポ〜ン♪(でも御村ファンな私;;)

なんかすげー見たいかも(^^;)
他に西門役の人が、たろパパ演ってますね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »