« 初めての… | トップページ | 危ない人 Part2 »

2005年4月17日 (日)

熟女二人、春の京都珍道中

050417_uzmasaと言っても私の事ではありません。
昨日から知人が京都の食文化を巡る旅(えっ違うの?)に出掛けておりまして、時折実況中継してくれます(^^)

報告によれば昨夜は“う雑炊”を食べたとか…
それを「鵜って魚捕らされるだけでなく、高級食材として食われちゃうのね?気の毒な鳥だ…」と激しく勘違いしたアホなN耳。
“う”は“鰻”の“う”だったのね(^▽^;)

そして本日、太秦映画村より写メール。
入り口で撮っただけかと思いきや、ちゃんと入場して『暴れん坊将軍』の馬に乗った(笑)とか、コスプレフェアやってる!と『戦国無双』の画像(上)を送ってくれたり……。

なので「お二人はコスプレしないのか?」と返したら、既にそれぞれ“舞子と花魁”のコスプレをして撮影済みでした(可笑しすぎる!)
了解を得てないので、写真掲載出来ないのが残念(笑)

コスプレは私も北京で体験(宮廷装束)しましたが、これが結構楽しくて、よい思い出になるんですよ(^^)若けりゃコミケとか行ってたかもね?(笑)
さて次はどんなメールくれるんでしょ?

|

« 初めての… | トップページ | 危ない人 Part2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

アタシも太秦行きました。
極道を書いてる先生に案内してもらって
由美かおるさんのかつらをみせてもらって
(いっぱいあるのよ)
高島兄と写真とってもらいました。
(とろけそうにかっこよかった)
休んでいる里見幸太郎に
友人は「どーも」と声をかけたりして。
(どーもじゃねーだろ)
南野はかわいかった。
ベンガルは歩くのが早くって
声がかけられなかった。

で、わたしは舞妓さんに化けたら
他の観光客に一緒にとってくれと
アイドル状態でした。
くちがさけても
東京人とは言えなかった。
ニューハーフな人にも
追いかけられて一緒にとってくれ、
いや、とってちょうだいんんん~と
言われました。
化けるなら舞妓です←おすすめ

投稿: やまひろ | 2005年4月18日 (月) 19:53

太秦ってそんな美味しい思いが出来るんですか?
私…前を通っただけで、行った事ないんです
誰も行きたそうじゃなかったので、遠慮したんです(泣)

そうか……アイドルになれるのか(笑)
でも私は高島兄より、里見浩太朗氏に会いたいかも(但しヅラ姿限定)

投稿: N耳 | 2005年4月19日 (火) 10:14

映画村に行った張本人です。(爆)

いやぁ、コスプレってすごいのね!
衣装は全部手作りですって。
気合いが伝わってきました。
N耳さんはしないの?

舞妓はね、3分写真の方でやりました。
白塗りもして場内練り歩きたいという願望は
熟女K美さんにはあったのだけれど、
私はちょっと・・引きました。

でも、やっていた人たちがいて、すごい人気
でしたよ。素顔は???でも、舞妓姿は人目につく!
なにを隠そう、私たちも一緒に写真を撮って
もらったクチです。

あああ、ちょっと残念だったかも・・・・

投稿: 熟女Y子 | 2005年4月19日 (火) 15:32

お帰りなさいです\(^^)/
お二人のメール、すっごく楽しかったですよ♪
なにか私まで行った様な気持ちになりました(笑)

3分写真ってのは、もしかして写真で顔だけすげ替える様なモノですか?
それとも中国の時みたいに簡単に着物を着るだけ?
にしても“場内練り歩き”がアイドル並ってのは本当なのね(爆)
やはりその様な時は開き直って「祭だワッショイ」しちゃうのが正しい楽しみ方なのかもしれませんね♪

もし花見メンバーで行ったら、凄い事になったかも?
まじで花魁道中!!!

投稿: N耳 | 2005年4月19日 (火) 16:41

3分写真はまさに中国式。衣装を選んで、かつらをかぶり、ポーズを取って、はいチーズ!!。
あっという間のできあがりでした。

花見メンバーでの練り歩き?
おおお!!想像しただけでも「濃い」ですねぇ。ここは是非実現したいところです。気になる料金はね、だいたい11000円くらいだったです。衣装の規模によって違うので、男性だと8000円くらいかな。行こう行こう!

投稿: 熟女Y子 | 2005年4月19日 (火) 21:31

やはりかなり「濃い」ですよねぇ〜(^^;)
いっそ来年の花見は太秦!
バカバカしくって楽しそうだなぁ(笑)

投稿: N耳 | 2005年4月20日 (水) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/3739256

この記事へのトラックバック一覧です: 熟女二人、春の京都珍道中:

« 初めての… | トップページ | 危ない人 Part2 »