« shuffleスキーデビュー | トップページ | 三婆の会話 »

2005年3月14日 (月)

『OZ』Studio Life公演

昨日、スキーでボロボロの体に鞭打って、念願の『OZ』公演を観て参りました。

050313_oz

↑は原作者「樹なつみさん」からの生花。
やはり人気があって再演希望も多かったのでしょう、会場は満席状態でした。
今回はWキャストです。
私としては初演のメンバーで観たかったのですが、GEOチームとNEOチームに分かれちゃってるんですよね(^^;)
なので悩んだ末、1019とムトーが初演コンビの〈GEOチーム〉の日になったわけです。決め手は樹さんの「ムトーは原作のイメージにぴったり」でしょうか(笑)

果たしてどうでしょう?
舞台はシンプルなセットのみ──暗闇にスポットライトで照らし出された1019のモノローグから始まります(Aさん曰く「ひろし」だって)
脚本は1019視点なのね。

そしてムトー登場!(いやんvカッコイイvv)
声はどうしてもアニメ『OZ』の松本さんのイメージが先にあって、ちょっと違和感があったのですが、すぐに慣れちゃいました♪
しぐさや動き全てがキマってる!長身でスタイル良いから軍服が……軍服がぁ〜〜〜〜(≧▽≦)おっと平常心。
「もしムトーがいたら、こんなかな?」とか思うと、もぉ〜ムトーにしか見えません。
ムトーが動く!ムトーが喋る!んですよ同志(笑)

アクションが多く、舞台を役者達が所狭しと動き回るんですが、その運動量たるや半端じゃない!
とくにムトー役の岩崎(崎の字違います)さんってば動き通し;;なのにセリフが乱れない、これはスゴイ!声だって、がなりっ放しでかすれないんでしょうか?かなりの熱演でした。
んなこと2週間(東京公演)も続けたら・・・・そりゃダブルキャストでなきゃ無理だわ(^^;)

それと1019がイイです。
純粋で無垢な感じがすごく可愛い(*^^*)なのにパメラプログラムが作動すると……上手いなぁ。
そして「麦畑」ではやはり泣いてしまったのでした;;

フィリシアはちょっと・・・・(^^;)
まぁコレは無理があるのは仕方ないですよね;;男性オンリーの劇団なのだから(笑)
機会があれば及川さんの方のフィリシアを観てみたいものです(素でもメチャクチャ可愛いんだもんv)やはり両方観てこそのWキャストでしょうか。

Studio Lifeは、脚本・演出の倉田淳さんだけが女性なんですよね。
そのせいか『OZ』のツボどころをちゃんと心得てて、セリフも“まんま”だったりと、原作ファンとしても嬉しい限り♪
お付き合い下さったお二人も「脚本が良い」と言っておりました。うちお一人は原作未読なのですが「面白かった」そうです。ヨカッタ(^^)

Studio Life、何だか癖になりそう(笑)
『トーマの心臓』今度は絶対観に行きます!

■Studio Life公式サイト

|

« shuffleスキーデビュー | トップページ | 三婆の会話 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
今度は萩尾望都さんの「メッシュ」をやるみたいですね。(ビラに書いてあった)
「メッシュ」ちょうど望都さんを読まなくなった時期で読んでない気がします。

なんか結構楽しかったですよね。
かなり寝ていた(花粉症の薬のせいです。決して内容のせいではないです。)
のですが 脚本良かったし。
ムトー君が格好良かったし。
また機会があれば行きましょう。
ぜひ誘ってください。

「あずみ2」池袋でもやってました。
いつでもご連絡ください。

投稿: AYAKO | 2005年3月15日 (火) 12:32

舞台化決定って書いてありましたね『メッシュ』
実は私も読んでません(^^;)
一度手に取って迷ったのですが、萩尾さんはSFの方が好きなので……誰か貸して!(おい)
でも『トーマの心臓』は好き。

>なんか結構楽しかったですよね
同意(笑)
私も体調万全でなかったのが残念(そう、決して内容のせいでは;;)

>また機会があれば行きましょう。
>ぜひ誘ってください。
言いましたね?ヨシ!AYAKOさん確保(笑)
でも実際のとこ黄色い声が飛び交うわけでもなく、観客も芝居自体を楽しんでましたよね(^^)あんな感じなら私もまた行きたいです。

投稿: N耳 | 2005年3月15日 (火) 15:34

blog検索で感想を見たら 8日の舞台を見た人なんだけど なんか芝居の後写真撮影とかあったと書いてありましたよ。
そんなのあるのかな?
次回はチェックしてから行くべきですかね。
だんだんハマリつつある自分が怖い。
)゚0゚( ヒィィ

投稿: AYAKO | 2005年3月15日 (火) 23:54

もちろん、そーゆー日とか千秋楽狙ったさぁ〜(笑)
でも取れなかったの(^^;)
「終演後イベントあり」としか書いてなかったので、どんなのかは知らなかったけど、ファン内では恒例みたいっスね。

でも結構恐いらしい…ファンの子達;;
今回も例の姜さん目当てで来たオバさん達、ウザがられてた(^^;)
私達も気を付けようね(笑)

だけど…もしMさんとか、Mさんとか(久々にいらして下さってますが笑)も一緒だったら、もぉ〜〜っと楽しかったかもしれませんね?
騒ぎ過ぎて劇場から追い出されたりして(笑)

投稿: N耳 | 2005年3月16日 (水) 22:59

そんな日があるんだ。
しかし おばさんはダメなのー?
ウザがられちゃうんだ。
いいじゃんね 君達だってすぐにおばさんなんだぞ。

確かに MさんとかMさんがいたらもっと楽しいだろうね。(^・^)
しかし みんな勝手な妄想してうるさいだろうなぁ。

投稿: AYAKO | 2005年3月17日 (木) 00:06

>そんな日があるんだ
そう。
で、中には芝居そっちのけで、ソレを目当てに来る子もいるみたい(^^;)
でも芝居中は皆、お行儀よく見てたよね?さすがにその辺は心得てるのかな。

次回は動じゃなくて静の芝居を観てみたいですよね。OZは本来のカラーと違う様だし…

投稿: N耳 | 2005年3月17日 (木) 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/3297182

この記事へのトラックバック一覧です: 『OZ』Studio Life公演:

» 舞台「OZ」 アートスフィアにて [AYAKO’s MOVING CASTLE]
劇団 スタジオライフ 原作 樹なつみ 出演 (ジオチーム)笠原浩夫、舟見和利、岩崎大、丸山智己(客演)、曽世海児 ほか SFアクション。 16歳のフィリシアは... [続きを読む]

受信: 2005年3月14日 (月) 22:06

« shuffleスキーデビュー | トップページ | 三婆の会話 »