« 『イルマーレ』DVD | トップページ | あみぐるみ »

2005年2月22日 (火)

『おばあちゃんの家』DVD

おばあちゃんの家

くらもちすとな方々のお勧めは、私の中でのヒット率も高いのですが、これもそんな作品の一つ、Aさんが勧めてくれた韓国映画です(^^)

これはイイです!
子供と、お年寄りには勝てんでしょ?
ところが何がイイって、この最強ともいえる組合せでお涙頂戴──てな題材なのに、あざとさが全く感じられなかったのです。

おばあちゃんが喋れない設定でセリフが無かったのが良かったのか、主役の男の子以外は殆ど素人だったからそう思えたのか、それとも〈ド田舎〉の風景がそう思わさせたのか(天コケの村が都会に見えます;;)
映画としては短かめだし、派手な演出も無く……とゆーかむしろ地味で淡々としてるのに、心にグッときました(T_T)
殆どのかたが思い当たるのではないでしょうか?

ウチには年寄りは居ませんでしたが、母方の祖母のところへはよく遊びに行きました。
祖母は半身不随でしたから、子供心にも弱者に見えてたので、この映画のクソガキ(笑)の様な悪行非道の行いはしてない(たぶん;;)と思います。
そんなわけで色々面倒を見て貰った……という記憶こそありませんが、昔から子供は苦手(自分も子供だっつの;)でも年寄りは嫌いじゃなかったので、祖母といるのは好きでした。

なので、母に言わすと「一番可愛い孫だったのでは?」って事なので、無償の愛を注がれていたのは間違いなさそうです。
そんな祖母も小学六年の時に他界しました。
「××町のおばちゃん(と呼んでいた)ありがとう」

しかしこの〈おばあちゃん〉を見ていると、それだけで涙が出そうになります(^^;)
存在自体に人生が刻まれてるんだもの!
そして孫役の男の子も良いです。
なんたって一人で喋って演技してる様なものですからね。ラスト10分以降はティッシュ必携かも?

ぜひご覧になって、おばあちゃんを思い出して下さい。

|

« 『イルマーレ』DVD | トップページ | あみぐるみ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

人って案外口ですっぱく言われても伝わらないこともあるけど 
態度で示し続ければ伝わることもあるよね。
でもいつ伝わるかわからないから ついつい言いたくなっちゃう。

すごく心に響く映画だよね。

TBさせていただきました。よろしく。

投稿: AYAKO | 2005年2月22日 (火) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/3034942

この記事へのトラックバック一覧です: 『おばあちゃんの家』DVD:

» 「おばあちゃんの家」WOWOW放映 [AYAKO’s MOVING CASTLE]
2002年韓国 ソウルで母と二人で暮らしていたサンウは 母の都合で2ヶ月間田舎のおばあちゃんの家に預けられることになった。 耳も聞こえず話すことも出来ないおば... [続きを読む]

受信: 2005年2月22日 (火) 23:06

» おばあちゃんの家 [39☆SMASH]
『おばあちゃんの家』 あらすじ 『イ・ジョンヒャン監督の感動ドラマ。母親が仕事を見つけるまで、田舎のおばあちゃんと暮らすことになった7歳の少年。耳が遠く、口もきけないおばあちゃんをバカにしていた少年だったが、精一杯尽くしてくれるおばあちゃんに次...... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 20:31

« 『イルマーレ』DVD | トップページ | あみぐるみ »