« 一週間ぶりです | トップページ | ついに日本でも解禁? »

2004年11月18日 (木)

ユーザー車検に挑戦

本日、ユーザー車検を初体験して参りました。
と言ってもそれはダンナの話で、私は傍観してただけ(^^;)
あっ!でもね、見学場所で〈ライン〉ってのを通すのをちゃんと見てましたよ。あー寒かった(笑)でもって、排ガスで気分が悪くなった(>_<)
夫の方は緊張で心臓が痛くなったらしい…(爆)

初心者には親切だって聞いてたんですが、ちっとも親切じゃなったです(-_-)ってゆーか全く放って置かれました。
お陰で二度手間……不親切だぞ、春日部陸運支部!

…と書いてはいますが、実はすごく簡単だった(笑)
一度体験してしまえば何も難しい事は無い様です。普通の車であれば問題なく通るんじゃないでしょうか。
なんたって安い!
少なくともディーラーの半分程度で済みます。

ウチの場合
自賠責保険=27,630円
検査登録料=1,500円(いわゆる車検代)
重量税=50,400円
テスター代=1,700円(民間による事前チェック。しなくてもイイけど、大抵ライトの光軸(角度?)がズレてて車検に引っ掛かるのだそう)

以上の計81,230円でした(ディーラー見積だと、確か値切って17万位だったと思う)
まぁ、その前にタイヤ交換で5万、バッテリー交換で2万かかってるから〈プラマイゼロ〉みたいなもんですけど(^^;)
オマケに9月にもう一台車検取ってますから、ユーザー車検でもしない限り更に家計が…(涙)

とゆー事で「ユーザー車検」お勧めします。
お勉強にもなりますし、一度くらいは体験なさるのも良いのではないでしょうか。ただし暇人向けかなぁ?(笑)
そして浮いたお金で、何か買いましょう!(結局貯蓄は頭に無いらしい…)

追記:
「安いからといって、命に係わる事を安易に人に勧めるな」と、お叱りを受けてしまいました(汗;)

まぁ「安く済む」というだけで勧めてる訳ではないのですが、私の文章は軽い上、言葉が足りないので、その様に受け取られても仕方ないですね。
長々と説明めいたものを書いても…と思い、かなり端折っちゃってますから。
当然ながら「ケースバイケース」「オウンリスク」と言う事を念頭に置いて下さい。

とはいえユーザー車検は意義が無いものか…というと、私はそうは思いません。人任せにしてたのを自分達でチェックなどして、車検ってものに対する理解も深まったと思ってます(^^)

|

« 一週間ぶりです | トップページ | ついに日本でも解禁? »

よろず戯言」カテゴリの記事

コメント

通りすがりで、カキコです。
ユーザー車検は安く済む
だからお勧め?

なぜ安く済むのか考えましょう。
3年、あるいは2年経過して、
傷んでいるところは無いか?点検、
傷んでいれば、その部品の整備、
交換を行ってくれるのが、整備業者に
依頼した車検です。

それが無いのですから、安くて当たり前。

安く済んだ分、なにかを失っているわけです。
「保証」「安心」

命に関わること、気安く人に薦めるものじゃありません。


投稿: たけ | 2004年11月18日 (木) 16:35

叱ったつもりは無いですが(笑い)

実のところ、私は、ずっと自分で継続検査を受けています。

検査を受けに行くと、同じようにラインに並んでいるクルマ&ドライバーの中、
「安く済む」という目的の為だけで、受けているんだろうな?
整備をしていないのが、その人の雰囲気でわかります。

そんな人が、ここ数年、目に見えて、多くなってきているんです。

有る意味、そんな状態のクルマが公道を走るということに
恐怖すら覚えるのです。

本人がそれで事故にあうのは、別に、かまわないですが、
巻き添えを食う人にとっては、たまったもんじゃないですからね。


整備をキチンとやっている、不具合が見つかれば、どうすれば良いか、考えることが出来る人
(多分、開設者様のご主人は、その辺りを理解していると思いますが。)
であれば、なにも文句は、言いません。

ただ、一般公開するのであれば、
メリットだけを誇大に表記するのではなく、
デメリットをきちんと表記してあげるべきだと思った次第です。

投稿: たけ | 2004年11月19日 (金) 11:20

あらためて初めまして。
ユーザー車検を扱ったサイトさんは多数あるので、詳細は個々に…と省いたのがいけませんでした(^^;)最低限の事は表記すべきですね、以後気を付けます。

>「安く済む」という目的の為だけで、受けているんだろうな?
>そんな人が、ここ数年、目に見えて、多くなってきている

そうなのですか?
なにぶん初めてだったのもので…規制が緩和された為なのでしょうか?
私が待っている時も、ダメ出しを喰らった腹いせなのか、車検をパスした解放感からなのか、場内を猛スピードで走り抜けたかと思うと、タイヤを鳴らして出て行った車があり「それでいいのか?…」と不安に思いました(^^;)

それと、おっしゃる様にウチの場合はディーラーとは常にコンタクトを取ってますよ(^^)

投稿: N耳 | 2004年11月19日 (金) 13:33

規制緩和の前から、ユーザーが陸運局に持ち込んで検査をうけることは、可能でした。
ただ、窓口のおっちゃんや、検査官は、とっても横柄な態度でしたデス(笑い)
私が初めて受けた10年ほど前とは、比べ物にならないほど、人当りがソフトになっていますよ。

あと、検査官の人柄にも拠ると思いますが、
「金目当てでなく、整備を趣味でやっている」
人に対しては、非常に優しく接してくれます。

検査官も人間、一生懸命やっている人は、助力してくれます。

検査で失格になったときに、どこがどの程度駄目だから、それを直してくれば良いんだよ。と助言してくれます。

今年は、ヘッドライトの光軸に関して、
「貴方のクルマはヘッドライトの光軸が、規定ぎりぎりで、まっすぐに進入出来ていないから、×になったんだよ。きちんとまっすぐに進入すれば、大丈夫!もう一度、列に並ばないでも、あそこのテストラインを今から開けてあげるから、まわっておいで!」

有りがたいお言葉でした。(笑い)

投稿: たけ | 2004年11月19日 (金) 18:18

やはり以前は横柄でしたか(笑)
態度こそ悪くはなかったものの、放って置かれるのもちょっと(^^;)尋ねようにも近くに検査官が居ない!

流れ作業の様に、まさに〈ライン〉を通るので、他の方々は慣れたもんなんでしょうが、こっちは初めてなんだよぉ〜
でも、大変お勉強になりましたです。

投稿: N耳 | 2004年11月20日 (土) 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/1997058

この記事へのトラックバック一覧です: ユーザー車検に挑戦:

« 一週間ぶりです | トップページ | ついに日本でも解禁? »