« ドラえもん募金 | トップページ | タモリ倶楽部 »

2004年11月 1日 (月)

時をかける少女

ちょうど一年前(思えば日本は平和だったなァ;;)の今頃『秋の天コケ&尾道ツアー』に参加したんですよね、懐かしいなァ〜♪楽しかったなァ〜♪紅葉が綺麗だったなァ〜(しみじみ…)
〈あなご弁当〉の味が忘れられん(爆)

で、その時、竹原も案内して貰えるってんで、そこ竹原が舞台となった『時をかける少女』を見るつもりだったのに、間違って平成版『時かけ…』を借りちゃって(笑)

別に平成版に文句つける気はないんですけどね;;
あっ、でもやっぱり『時をかける少女』と言ったら知世ちゃんです、私の中では(更に昔…NHKの『タイムトラベラー』も、朧げな記憶はありますが…;;)
悔しくて色々探しまくったんですが、ついに見つからず終い(-_-)

その後、近所にGEOが出来たのいい事に、最近はそちらへ通う事も多いんですが、そこで偶然発見!しかもDVD♪
やっと見れました\(^^)/
オープニングの映像なんて“まんま”じゃないですか(≧▽≦)
行く前に見れなかったのが、つくづく残念です(涙)あーーまた悔しくなってきた(-_-#)

あの美しい街並みを、いつまでも……地震や台風被害の映像を見た後なので、よりそう思えます。

知世ちゃん、キラキラしてますね(*^^*)
そう言えば、お姉様の貴和子さん主演『彼のオートバイ 彼女の島』──これも大林監督だったんですね?知らなかった(^^;)なんとなく同じ匂いを感じてはいたんですが…(笑)

何冊か読ませてもらった片岡義男小説の中でも、一番のお気に入りだったので、こちらの方も是非また見たいな──と。あるかなぁ?

■天コケ&尾道ツアーの過去ログ
『秋の天コケツアー'03』一日目
『秋の天コケツアー'03』二日目

|

« ドラえもん募金 | トップページ | タモリ倶楽部 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

このDVDは最近出たんですよ。
N耳さんにお知らせしようか迷ってそのままでした。
何度も落ちる瓦。
私も細かいことは忘れてしまいましたが 雰囲気だけは
忘れ様にも忘れられません。
脇役ではありますが この映画で吾朗のファンになった人は
結構いるんですよ。

投稿: AYAKO | 2004年11月 1日 (月) 18:14

前もって見られなかったのがホント惜しまれるなぁ〜
すっごく懐かしかったです(涙)堀川の看板とか…
楽しかったですよねぇ(^^)

>この映画で吾朗のファンになった
私も深町君より、吾朗ちゃん派ですからねぇ(笑)
演技をしている様に見えない、あまりに自然な演技が尾美君の魅力でもありましょうか?良いですよね(^^)

ラストの実験室で、知世ちゃんを探す声が「芳山君」から「和子ちゃん」になるとこが、なんだかとっても切なかったです(T_T)吾朗派としては…

投稿: N耳 | 2004年11月 2日 (火) 12:17

ロケを見に行ったときに、ゴロちゃんととった写真を
AYAKOさんに見せる約束をしているのだけど
まだ、発見できません。
すいません。

「時かけ」音楽は、松任谷正隆氏ですが、いい仕事してます。
深町君のお父さんとして写真で出演してます。


土曜日の実験室~

投稿: PP | 2004年11月 2日 (火) 14:47

私も知世似の友人と撮った写真ならあるんですが……って関係ないですね、ご免なさい(蹴)
Pさん、ロケも見に行ったの?
当時、あちらでは相当な盛り上がりだったのでしょうか?

正隆氏、主題歌のみならずBGMも担当してたのですね、ロールを見て知りました(^^;)なので写真の事は全く気付いてない;;
音楽も切ない感じがよく出てましたよね。

投稿: N耳 | 2004年11月 4日 (木) 14:19

>当時、あちらでは相当な盛り上がりだったのでしょうか?
いえ、まったく(笑)

まだ尾道シリーズは「転校生」だけだったし、「転校生」自体
も後追いの人気だった。
やっぱり「さびしんぼう」が公開されてからが本格ブームみたいな
感じ。
知世ちゃんも、TV出演はあるにせよ、実質デビュー作が「時かけ」
だったからまだ知名度も高くなかった。

私自身は相当な盛り上がりでしたが(笑)

ロケ現場ではあれなんで、宿舎の玄関の前で待ち伏せして
写真とってもらいました。

投稿: P | 2004年11月 5日 (金) 20:14

「転校生」の方が先だったんですね?
>「転校生」自体も後追いの人気だった
を私が証明してる様なものですね(笑)

「時かけ」は劇場で見たのですが、あの尾道の風景がすごく印象的で「ここは何処だろう?」と思ってました。
大林監督の思い入れとかは後で知った事なので…(^^;)

投稿: N耳 | 2004年11月 6日 (土) 11:55

徳間文庫版『おもいでエマノン(装画 高野文子)
のあとがきに大林監督が寄稿されています。
興味深い内容なので、機会がありましたら御覧下さい(笑)。

投稿: 吉田誠司 | 2004年11月 9日 (火) 01:45

有意義な情報、ありがとうござますm(_ _)m
要チェックですね。

投稿: N耳 | 2004年11月 9日 (火) 16:43

僭越でした(笑)。
丁寧な御挨拶、有難うございました。

投稿: 吉田誠司 | 2004年11月12日 (金) 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/1829203

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« ドラえもん募金 | トップページ | タモリ倶楽部 »