« ポータブルプレーヤー今昔 | トップページ | メイ? »

2004年9月13日 (月)

『座頭市』DVD

面白い!

以前「役者たけしが好き」と書いた事があるんですが、北野武監督作品も好きかも?
いつか…と思っていた過去作品も、見ないとイカンですね(^^;)

お約束だらけなのに(いや、だからこそ?)これほど面白い映画が出来ちゃうとは──。

「勝さんの座頭市を見ちゃうと、そうなっちゃうから見ない」みたいな事を言ってたし、確かにこれは、たけし流の座頭市。
だけど、そーだった。市つぁんは、どこか可愛くって、こ汚くて…なのにカッコイイのだ──そして博打が好き(笑)

さすがに「嫌な渡世だなぁ」の決め台詞こそ無かったが、平成座頭市がそこに居た。
決して長身でスマートであってはならない──あの“ずんぐりむっくり”な体型のたけしなればこそ、勝新に代わってこなせた役だ。

リズミカルな音楽といい、とにかくテンポが良くて、お笑いあり、目にも止まらぬ殺陣あり、そして無くても問題無さそうな風景の描写あり(無駄…と言う人もいるが、私はソコが好き)と、てんこ盛りな内容で、まさにバラエティ。

なのに「どうだ!」と言わんばかりの顕示さは全く感じなかった──あまりにさり気ないのだ。
そこに凄さを感じた。

もう一つ面白いのが「本当は目が見えていた」と「やはり見えてなかった」の二派に分かれる事。
私は疑いもせず「やはり見えてなかった」と思っていたので、逆の解釈があるのを知り目からウロコ(^^;)

なるほど……確かにどちらも“あり”だわ。

|

« ポータブルプレーヤー今昔 | トップページ | メイ? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30612/1431250

この記事へのトラックバック一覧です: 『座頭市』DVD:

« ポータブルプレーヤー今昔 | トップページ | メイ? »